フランスへ *ロワール地方 トゥール編*

フランス旅行記、4日目です。

この日は朝、起きたら7時でした。
フランスに来て、ちゃんと朝まで眠れたのは初めてで、気分もスッキリ!
でも、外は生憎の空模様。寒くて、雨が降っています。

今日一日を、パリで過ごすか行きたかった地方都市へ日帰り旅行をするか・・・・。
パリ発の列車の時刻表を調べ、「よしっ!」と心を決める。

今日はロワール地方の都市、トゥールへ向かいます!

a0318644_123574.png


モンパルナス駅で往復のチケットを買い、列車に乗り込みます。
トゥールまでは一度乗り換えがあるものの、1時間20分位で行くことができます。

満席の車内で隣に座ったフランス人は「北斗の拳と村上 龍と天丼」が好きな男性。
日本語で色々と話しているとあっという間に到着しました。

a0318644_1281040.png


到着したトゥール駅。
ここでも雨が降っていましたが、趣きのある建物でした。

ツーリストインフォメーションでマップをもらい、
見どころや地元料理を食べられるレストランの情報を得ます。

a0318644_12102944.png


中世の街並みが残るトゥールの中心街。
サン・ガシアン教会は街のシンボル的な大聖堂です。

a0318644_12125140.png


教会の内部に一歩足を踏み入れるとシーンと静まりかえり、
荘厳な雰囲気に包まれていてなぜか涙腺が緩みそうになる・・・。

a0318644_12141970.png


バラ窓のステンドグラスもとても美しい。

a0318644_12145928.png


教会を出て、少し歩いてロワール川に近づく手前にトゥール城が見えてきます。
意外にも地味な印象のお城でしたが、お城というより戦の為の塔の役割だったとか。

a0318644_1218048.png


これがロワール川。
昔から、街の繁栄の歴史に深く関わってきた雄大な川です。
お天気が良ければ、もっと違う印象を持ったかもしれませんが、
私にとってはチーズと、そしてワインを知る上でもとても重要な川。
一人、感激してしばらく佇んでおりました。

a0318644_12212462.png


その後も街を散策し、そろそろお昼の時間になってきました。
インフォメーションで「地元の料理を出すお店だよ。」と教えてもらいました。

トゥールに来た目的は、ロワール川を眺める事、
そしてもちろん、ロワール地方産のワインとシェーブルのチーズを食べる事!

大変人気のお店で賑わっていましたが、タイミングよく席に着くことができました。
ここまで来たら、前菜もメインも全て黒板に描かれた「本日のスペシャリテ」を。
そしてとりあえず!のロワールの白ワインをオーダー。
さぁて!楽しみ!!

a0318644_1226361.png


運ばれた時に「んん??デザート頼んでないけど・・」なんて思いましたが
こちらは温かいシャンピニオンのクリームスープ。
見た目にも可愛らしく、暖かいスープは肌寒い日には余計に美味しく感じます。

すっきりとしたロワールの白ワインを飲みながら、
「はーん・・・美味しい♡ めっちゃ幸せ~♡」としみじみ感じる。
こういう時、一人じゃなくて分かち合える誰かがいるとよいですよね。

メインは鴨の煮込み料理だったので、
赤ワインを合わせたくて白ワインを飲むピッチは速い!
昨夜はたっぷり寝ましたから!体調も絶好調ですよ!

a0318644_12364649.png


メインの鴨のベリーソース煮込み。
これでもかってくらいベリーを入れて煮込んでいるので
酸味の爽やかなあっさりとした煮込み料理でした。
野菜の美味しいことといったら!

a0318644_12432768.png


メインが運ばれてきた時に、すかさず赤ワインをオーダー。
じゃんじゃん注いじゃってください!
私が「美味しい!美味しい!」ってワインを飲むので、
お店のおじさんがなんだか喜んでくれてる様に感じるのは気のせいかしら?

メインも平らげ、「デザートも食べる?」と聞かれたので、
「いえ、フロマージュをシルブプレ!!」と鼻息荒くオーダー。

a0318644_13323712.png


運ばれてきたフロマージュのプラトーを見て、気絶しそうになりました。
「こ・・・これぞっ!シェーブルだけのプラトー!!まさにロワール!!」

興奮しながら写真に収め、あれも食べたいこれも食べたい!!
これだけの為に列車に乗って来た甲斐があったー。

a0318644_12484823.png


熟成の進んだものと、好みのものを選びます。
一人なので涼しい顔して座っていますが、
テーブルの下から見える足はバタバタしていたと思います。

するとお店のおじさんが「シェーブルにはロワールの白ワインが最高さっ!」と言って
またまた白ワインを一杯サービスしてくれました!

ロワール地方の街で食べた本場のシェーブルは、
なんとも滋味深く、まさにEarthyな味わい。
一口に「シェーブル」と括れない様々な個性を改めて感じました。

残っていた赤ワインと、サービスしてくれた白ワイン。
どちらともマリアージュを楽しみましたが、お店のおじさんの言うとおり、
シェーブルにはロワールの白ワインの方が美味しく感じました。

大満足のランチを終え、帰りの列車の時間まで散策を続けます。
ただ歩いているだけで溜息の出そうな美しい景色を眺めながら・・・・。

a0318644_135851.png


駅の近くには、ブリオッシュ専門店なんていうお店も。
商品はプレーンかチョコチップ入りか、大きいものか小さいものか。
ただそれだけというところが潔くて面白い!
お店の中は卵の焼ける香ばしい香りで充満していました。

幸せな気持ちでパリへ向かう列車に乗りました。
今日は生憎のお天気だったけれど、トゥールに来て本当によかった!

パリへ戻り、少しブラブラした後ホテルへ戻る。
今夜はロンドン在住の知人夫妻と食事の約束です。

a0318644_13103176.png


この日の夕飯は「Caillebotte」というお洒落な雰囲気のビストロにて。
注目の若手シェフによる最先端フレンチが味わえるお店だそう。

a0318644_1312463.png


ここもお店は既に満席。
予約をして下さっていたので安心でしたが、何人も断られていました。
ほんと、人気のお店なのですね。

a0318644_13141715.png


久しぶりに会う知人と、その友人ご夫婦と共にとても楽しい時間を過ごせました。
シンガポールで知り合って、
ここパリで夕飯を共にしている事がなんだか信じられない感覚。
もう頻繁には会えないけれど、大切にしていきたいご縁を感じます。

ここでもワインを飲み、ホテルに戻り24時に就寝・・・・。
この日も大変充実した良い日となりました。


************************************

9月のチーズ教室、参加者募集中です。

テーマ「ハーブ、スパイスと共に楽しむチーズ

9月29日(火)10:30-12:30   満席になりました
9月30日(水)10:30-12:30    満席になりました
10月1日(木)10:30-12:30    満席になりました

お申込みは以下の内容を
cooking@theprovidore.com まで、メールでお送り下さい。

 ・参加される方の お名前(ふりがな)
  (複数の場合は同伴者のお名前もお願いします。
  お支払いを別々にされたい場合にはご連絡下さい。)
 ・ E-mail アドレス
 ・ 電話番号
 ・参加希望日

***********************************



よろしくお願いします☆

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-09-07 13:20 | 旅行(フランス) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cheeseosho.exblog.jp/tb/21621949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フランスへ *ノルマンディー地... フランスへ *ボルドー・ワイン... >>