6月のチーズ教室終了しました。

先週の金曜日に、6月のチーズ教室が全日程無事に終了しました!

a0318644_19295451.png

今月のチーズ教室のテーマは
フランスチーズをもっと知ろう!オーヴェルニュ・南部編」でした。

a0318644_19302433.png

「フランスチーズをもっと知ろう!」のシリーズは、
ノルマンディ地方などの北西部から始まり、今回が最終章。

オーヴェルニュと南部は昔から羊や山羊乳製のチーズも数多く造られていて
とても個性的なチーズがあることでも有名な地域です。

まず、はじめにご紹介したのは「Saint Marcellin」。
ドーフィネ地方(プロヴァンスの少し北)が原産の、
牛乳製らしいミルキーでまろやかなチーズです。

a0318644_19284608.png


陶器やプラスティックなどの容器に入り、それぞれ80gと食べきりサイズ。

a0318644_19405165.png

a0318644_19283512.png

チーズのミルクのコクとあっさりとした甘み。
今回はブルーベリーとハチミツと共に、さっぱりデザート風に。

次も大変爽やかなチーズ「Roves de Garrigues」。

a0318644_19323685.png

山羊のミルクの酸味のなかに爽やかなハーブやシトラス系の香りもほんのりと。

きりっと冷えたロゼや白ワインと楽しみたくなるシェーブル。

a0318644_19400834.png

a0318644_19310537.png

スモークサーモンやディルなどのハーブと食べると
爽やかなアペタイザーに。

お次は羊のミルクから造られた「Fleur du Maquis」。

a0318644_19332745.png

チーズの周りを様々なハーブで覆った個性的な見た目のチーズ。
コルス島の大自然をチーズに表現した、
比較的新しいチーズです。

a0318644_19331530.png

そのままでもハーブの味わいや香りがチーズに移り、
こっくりとした味わいの羊乳チーズがとっても爽やかに食べられます。

サラダに散らしたり、サンドイッチにしたり・・。
ハーブの香りを存分に生かして様々なお料理にも使えそうです。

このあたりからグッと味わいが濃くなります。
見た目は地味だけれど味わい深い、
フランス人に大人気のチーズ「Saint-Nectaire

a0318644_19342043.png

農家製(フェルミエ)と工場製(レティエ)がありますが、
今回は個性が際立ち、深みのある味わいを持つ農家製(フェルミエ)を。

a0318644_19344805.png

外皮の香りからして複雑!!
「古い納屋の中の匂い」
「乳酸発酵させた古漬けんも匂い」
など、様々な表現が出てきます。

でも、食べてみると本当にまったりとしていて味わい深い。
実は全日程を通して一番人気のチーズでした。

お次はバスクの誇るハードチーズ「Ossau Iraty」。

a0318644_19351958.png

羊乳ならではのこってりとした味わい、ハチミツの様な甘み・・・。

a0318644_19362113.png

秋の夜長にこっくりとした味わいの赤ワインを飲みながら、
チビチビと切っては食べ続けてしまう余韻の長いチーズ。

a0318644_19354322.png

定番のブラックチェリーのジャムに加えて、パルマハムに巻いて・・。

オーヴェルニュ・南部編の最後を飾るのは、ブルーチーズの王様「Roquefort」。
このチーズを語らずしてオーヴェルニュのチーズは語れません。

a0318644_19365215.png

室温に戻して食べるとチーズ本来のもつ甘みやコクが十分に味わえます。
このボリューム、この深み、この甘みと苦みのバランス!
フランス歴代の王様を虜にしてきただけあります。

a0318644_19373964.png

フィグなどのフルーツをギュッと凝縮させてくるみと共にパテ状にしたものと。

この濃さがやめられない・・・上質な赤ワインが欲しくなります。

a0318644_19380580.png

今回は、5月のチーズ教室と日程が
2週間しか開かないなかでの開催となってしまいましたが、
今回も多くの皆様にご参加頂きました。
誠にありがとうございました。

a0318644_19383155.png

「南部のチーズは濃いチーズばかりかと思っていたけれど
 さっぱり食べられました」
「どのチーズも本当に味わい深くて美味しかった!」
など、色々な感想をお伺いできました。

牛乳製のチーズはもちろんだけれど、
この地方ならではの山羊や羊乳のチーズも紹介したい・・。
でもあまりに濃い味わいのものばかりだと・・。と考え、
合わせる食材やチーズを使ったお料理も「あっさり・さっぱり」を心がけました。

皆様に喜んで頂けたなら、こんなに嬉しいことはありません。
本当にありがとうございました!

次回のブログでは、大人気だったワインとお料理についてご紹介します。

[PR]
by fromage-osho | 2017-06-12 19:42 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cheeseosho.exblog.jp/tb/237091204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 6月のチーズ教室のワインとお料理 チーズとワインのディナーイベン... >>