カテゴリ:レストラン(その他)( 7 )

Burnt Ends でランチ

5月のチーズ教室に沢山の方々にご予約頂きまして誠にありがとうございます!
5月17日(水)にまだ若干お席がありますので
ご都合がよろしければ是非ご参加下さい。

ご予約はこちらから・・・The Providore

全日程満席となりました。ありがとうございました!

************************************

大人になってから、「ママ友」として知り合う他に
「友達」が出来る機会といえば
習い事や友達の紹介など色々とあると思いますが、
兎にも角にも「趣味が合う」ことや「気が合う」ことが
一番の条件だと思います。

もう半年以上前になりますが、友人の一人からランチのお誘い。
なんでも、
友達4人で予約したいお店のShef's Tableは
6人での予約しか受け付けておらず、
「おしょうさんと気が合いそうな友達ばかりだから是非ご一緒に!」
との事。

むむむ・・・6人のうち3人が初対面とな・・・・汗。
私のなかの人見知りな部分がムクムクと顔を出してきましたが、
そのお店は私もずっと行きたいと思っていた気になるお店。
結局私の食い意地の方が勝ち、6人でのランチとなりました。

向かった先は「Burnt Ends」。
なんせ、半年以上前の事なので既にうろ覚えなのですが、
その時のメニューを見て思い出しながら・・・。

a0318644_16554310.png
a0318644_16555650.png
細長い店内の半分を占める活気溢れるキッチンと、
その様子を眺めながらお料理を楽しめるカウンターテーブル。
Modern Australian Barbequeのお店との事ですが、
どんな感じなのか楽しみ。

私たちはお店の一番奥まった場所に1つだけあるShef's Tableへ。

a0318644_16560986.png
テーブルの上には予約してくれた友人の名前の入った本日のメニューが。
程なくしてスタッフが「今日のお肉です・・」と、大きなお肉を披露。
もちろん、6人分です!
この時点で皆のテンションアップ!!
お腹を空かせてきて良かった~。

a0318644_16562072.png
一品目は極薄く、
そして長ーくカットしたバゲットの上にタラマサルサを乗せたもの。
タラマサルサの塩気がちょうど良く、食欲をそそります。

a0318644_16563489.png

こちらはBeef Marmalade and Piclles。
トロトロに煮込まれたビーフのブルスケッタの様なものでした。
旨みと甘みの凝縮感が半端ない!

a0318644_16564665.png
続いてニンニクの芽をソテーしたものに
レモンゼストやハーブなどで味付けしたもの。
真ん中のクリーム状のものが何だったか忘れてしまいましたが、
サワークリームの様な爽やかなお味で、
シンプルなお料理ながらとても美味しかったです。

a0318644_10454361.png

4皿目はリークをグリルしたものにヘーゼルナッツをトッピングし、
ブラウンバターソースをかけたもの。

グリルしてトロトロになったリークって、
どうしてこんなに甘いんでしょう・・。
私にはやや強めのバターソースでしたが、
ナッツのカリカリした食感とのコントラストも絶妙でした。

a0318644_16565856.png

そろそろお腹も落ち着いてきたところでドーン!とグリルした鯛が一匹!

「炎の魔術師」なんて異名を持つシェフのお店だけあって、
外の皮はこんがり香ばしく、身はしっとりしていて美味しい。

美しく取り分けてくれているのは我らが肉番長、Tちゃん!

ここで、次のお料理の為にセットされたナイフを見て
一同心づもりをする・・・。
「次はいよいよ、あのお肉の登場だ・・・!」

a0318644_16571031.png

どかん!とお皿に盛られた45 Day Dry Aged Mayura OP Rib。
45日もドライエージングされたOP Rib・・・。
中が少しレア気味ですが、
それもこのお肉の一番美味しい焼き方なのでしょう。

a0318644_16572297.png
鋭いナイフを使ってお肉を切り、口に運ぶ・・・。
あ~・・・肉好きで良かった!

ボリュームはあるけれど、意外とあっさり食べられましたが、
さすがにお腹は満腹を超え、この2切れで十分満足でした。

a0318644_16574158.png
このお店は、これまでのすべてのお料理は大皿でドーンとサーヴされ、
テーブルでそれぞれがシェアするスタイルでしたが、
まさかデザートのベリータルトまで大皿でくるとは・・。

美味しいものを提供しつつ、
堅苦しくなく気取らないお店のスタイルを貫いていました。

初対面の方が3人もいる今回のランチでしたが、
お料理を楽しみながら話は弾み、「美味しいもの」の食の好みも似ていて
早速「次はどのお店に行こうか??」なんて事になるほどでした。

ただ、なかなか6人の予定を合わせるのが難しい!
なので3ヶ月先の「この日!」みたいに試行錯誤しながら合わせてます。

このメンバーで、すでに何度か他のお店にも行ったので、
また紹介して行こうと思います☆

Instagramも公開中☆ @fromageosho



[PR]
by fromage-osho | 2017-04-24 10:10 | レストラン(その他) | Trackback | Comments(0)

Tanjong Pagarで食ツアー

今年のチーズ教室も終わり、そして娘達の習い事の発表会も無事に終わり、
やっとホッと一安心・・・と思ったらもう12月も中旬ですね。

クリスマス前には一時帰国を控えているので、
それまでにお土産を買いに行ったり今年中にやるべきことを済ませたり。
送別会やクリスマスパーティ、忘年会もありますので
このまま突っ走る事になりそうです(苦笑)。

さて、少し前になりますが友人とランチに行きました。
Pinnacleから始まり、Tanjong Pagarエリアのお店を3件回ったのですが
どのお店もそれぞれに個性があり、とても楽しい一日となりました。

まずはThe Pinnacleの一階にある小奇麗なフードコート「Essen」で待ち合わせ。

a0318644_11483045.png

Pinnacleの敷地内に入るのは初めて。
私はすんなり辿り着きましたが、広い敷地内で迷った友人も。
Block Cの一階に位置しています。

a0318644_11484470.png

早く集合したのでお店がまだ開いていない・・・。
ドリンクのコーナーはオープンしていたので、
とりあえずビール飲んで開店を待つことに。

a0318644_11485721.png

Happy Hourなのでこのサイズのビールもお得に飲めます。

a0318644_11495387.png

チラホラと開店し始めたお店で色々と食べ物をオーダーしました。
フードコートなので、お店のストールに行き、注文します。

a0318644_11493726.png
チキンのお店ではチキンウイングとフレンチフライを。
揚げたてサクサクの衣のチキンが美味しくてテイクアウトしたいくらい!
チリソースにつけながら食べるポテトもつい手が伸びてしまう美味しさ。
ビールが進んじゃうわ~(笑)。

a0318644_11490735.png

その他にフレンチのお店ではツナのサラダにフォアグラ、ポークの煮込みをオーダー。
フォアグラをはじめ、どのお料理もフードコート価格でとてもお得です。

喋りながら食べている間にお客さんがあっという間に増えていました。
ランチタイムは外して訪れた方がベター。

お腹が一杯になったところで次に向かったのは
マフィンで有名な「Chocolat N' Spice」。
Essenからだと道を挟んですぐ。

ここでマフィンをいくつかお土産に購入。
私は以前からCoffee Walnuts Muffinが好きなので、これは外せません。

その後友人に先導され、ぺちゃくちゃと喋りながら歩き、
最後のデザートを食べるべく向かったのは「Pantler」。

ここのケーキの美味しさは友人の間でもよく話題になりますが、
お店に行くのは今日が初めて。

a0318644_12124212.png

去年、バースデーケーキに頂いたレアチーズケーキが本当に美味しくて!
一口食べて感動したのを覚えています。

a0318644_11501817.png

この日はレアチーズケーキはありませんでしたが
Citronというこのケーキも爽やかですごく美味しかったです。

それぞれが違うケーキをオーダーし、一口ずつお味見を・・・。
どれも本当に繊細で美味しくて、うちの近所にも支店を出して欲しい!
・・・いや、もしかするとそれは危険かもしれません(笑)。

ランチタイムの短い時間に3件もお店をハシゴできるなんて・・。
友人にくっついて歩いただけなので、同じルートをもう一度一人で・・・となると
辿り着ける自信はありませんが、本当に楽しいTanjong Pagarツアーでした。




にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2016-12-12 12:31 | レストラン(その他) | Trackback | Comments(0)

Clinton St. Baking Companyで朝活!

12月に入ったと思ったらもう中旬に入りました。
いつも以上に時が流れるスピードが速く、追いついていない自分もいます。

でも、この時期ならではの魅惑的なお誘いも多く、
楽しい事、美味しいものが大好きな私にとってはとても充実した時期ともいえます。

普段、なかなか会えない友達と会ったり、
よく合う友達とも「○○パーティ!」と称して集まったり・・・。
華やかな12月は、やはり好きな時期でもあります。

そんななか・・・・。
普段、お仕事などで多忙な友人がしばらくシンガポールを離れる事になり、
「いつかゆっくり話がしたい・・・。」なんてぼんやり考えていた自分に後悔しながらも
スケジュールを合わせ、久しぶりに2人でゆっくり会いました。

お互いに子供たちを学校へ送った後、行動開始!
朝8時からオープンしている話題のお店「Clinton St. Baking Company」へ。

a0318644_15292428.png


店構えからも好きな雰囲気。
N.Y.の本店もこんな感じなのかしら。
日本には南青山の骨董通りにもお店があるみたいです。

a0318644_1531662.png


こういう字体、カフェカーテン、ダイナー風なお店は以前から好みで、
N.Y.でもほんのり塩味のパンケーキにカリカリベーコン、
そして何度でもおかわりをいれてくれるアメリカンコーヒーが大好きで、
一人でも良く行っていました。

a0318644_15345216.png


朝9時過ぎでしたがお客さんは7割ほど。
すんなり席に着けて良かっですが、お昼時になると長蛇の列になるとか。

一日中オーダー出来るブレックファーストメニューより。
普段はあまり選ばない「ブリオッシュフレンチトースト」を。

カリカリのピーカンナッツとカラメルバナナが乗った、とっても大きなフレンチトースト。
このお店の特徴でもあるメープルバターをたっぷりかけて頂きます!

厚みのあるブリオッシュはフワフワでしっとりしていて美味しい!
でも、なにせ量が多い・・・。この半分なら完食できるのにな。

a0318644_15402032.png


友人は、このお店の人気メニュー「パンケーキwithブルーベリー」を。
トッピングは他にチョコレートやバナナ&ナッツの中から選べますが、
お店のスタッがブルーベリーが一番人気だと教えてくれました。

見た目にも美しく、豪快で食欲をそそります。
少しシェアして食べましたが、さすが裏切らない美味しさ!

朝から女子2人で大きなお皿に乗った甘いものを食べながら、
周りの会話の音に負けないくらいの声でじっくり話し合う・・・・。
あまり静か過ぎてもなんだか身構えて、本音を口には出来なかったかも。
お店のラフでカジュアルな雰囲気に、ある意味助けられた感じもしました。

私にとって、よき相談相手でもある友人。
愚痴に始まり悩んでること、目指したいところ、そして今後の進みたい方向など
いつも真っ直ぐな目線で聞いてくれて、
感情に左右されず適格に意見を言ってくれる人。
でもベースには必ず「優しさ」があり、「温かさ」も感じます。

シンガポールをしばらく離れることは寂しいけれど、
またきっと会えるし、会いたい。

友人の健康と幸せを祈り、そしてお互いがまたステップアップ出来ることを祈り・・。

朝から美味しく甘く、そして実りある時間を過ごせました。


よろしくお願いします☆


にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-12-17 16:00 | レストラン(その他) | Trackback | Comments(0)

The Providore CafeがPasarbellaにオープン!

いつもチーズ教室をしているThe Providoreが新しいお店をオープンしました。

PasarbellaにはThe providoreのショップやデリがありますが、
ゆっくりとお茶やお食事が楽しめるカフェが出来ました。

a0318644_18215782.png


場所は、お寿司やシーフードのお店がある入口のお隣。
タクシースタンドからは、Grandstandに入らず、道路沿いを進んだところにあります。

a0318644_1826511.png


大きな看板が目印です!

a0318644_18265278.png


The Providore カフェはMandarin GalleryやTangsにもありますが、
おそらくここが一番広々としていて、テラスもあり開放的な雰囲気に包まれています。

この日は生憎の空模様でしが、それでも十分明るい店内で
なんだか気分が上がります。

メニューは、The Providoreでもここでしか味わえないものも多々あり、
パスタやパエリア、
大人気リバイバルメニューのステーキサンドイッチにキッズメニューもあります。

a0318644_18333030.png


ズッキーニの花のフリット。
花の中にチーズを詰め、フライにしたものにスパイシーソースがかかっています。
思わずビールが進んでしまう美味しさ。
(こちらではドラフトビールも頼めますよ☆)

a0318644_18371100.png


ポートベローマッシュルームのソテー。
ジュワッと旨みたっぷりのマッシュルームとチーズのクリーミーさがマッチして・・・・。
ケーキの様な盛り付けも可愛いくてアペタイザーに最適です。

a0318644_18414669.png


The Providoreカフェでは初登場のGrass-Feed Beef Burger。
ジューシーなお肉とソテーされたオニオンの旨みがタマラナイ一品!
バンズはもちろん、Head Baker村田氏によるスペシャル版。

カフェで食事・・・となると、サンドイッチやスープ、サラダといったイメージがありますが、
ここはカフェというよりお食事も楽しめるレストランとしても使えそう。

もちろん、こだわりのコーヒーやソフトドリンク、
ケーキはショウケースに沢山並んでいますのでお茶だけの時間も楽しめます。

そしてもちろん、美味しいチーズやハムは様々な種類をオーダーできるので
ワインとチーズ・アペタイザープレートでワイワイ楽しむにはもってこい!

今後、こちらのカフェでチーズを使ったお料理もお出しするチーズのワークショップや
ワインとのコラボレーションセミナーなど、様々な企画も考えています。

a0318644_18574872.png


たまにはお一人様でカプチーノを飲みながらまったりするも良し・・・・。

是非、新しくオープンしたThe Providore Cafeへ足をお運びください。
今後のチーズ教室も、どうぞお楽しみに!


よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-02-06 19:08 | レストラン(その他) | Trackback | Comments(0)

丸ごとココナッツに入った海老カレー

「シンガポールで美味しいインド料理が食べたい!」
というのが、先月来星していた姉からのリクエストでした。

うーん・・・そういえば本格的で美味しいお店、私も知らないかも・・・。
と困りましたが、インド料理に詳しい友人に訪ねたところ、
リトルインディア界隈のお勧めのお店を何件か教えてくれました。

a0318644_22474955.png


その中でも「丸ごとココナツの中に入った海老カレーがお勧め!」
という友人の言葉がドンピシャに響き、
いつもよりお腹を空かせて向かったレストラン「Mustard」。

a0318644_2251888.png


店内はスパイスの香り漂う素敵なインド空間。
小奇麗で、程よいお店の広さ。
予約して行った平日の13時。もうほとんどの席が埋まってました。

嬉しくて、雰囲気も良くて、ニヤニヤしながらメニューを眺める私たち姉妹。
「丸ごとココナッツに入った海老カレーは絶対!」
「それにロマリロティという薄いパンを付けて食べるのがお勧めだったよ!」

それにチキンのカレーにサモサの様な前菜、タンドーリチキンも食べたい!

オーダーを終え、改めて周りを見渡すと
インドの方とそのお友達といった客層がほとんど。
そして、ライスもナンも両方頼んでカレーによってつけるものを替えているのかな?
とにかくお腹が空いていたので思わず観察する視線が熱くなります。

a0318644_2313089.png


運ばれてくるまでの時間が長ーく感じ・・・・・もう限界?と思った時、
お料理がどんどん運ばれてきました。

座り直して「いただきまーす!」

a0318644_2335867.png


ジャーン!これが・・・これがあの「丸ごとココナッツに入った海老カレー」!!

文字通り、ココナッツをくり抜いたなかに海老カレーが入っています。

マイルドな辛さに複雑なスパイスの香りのクリーミーなカレーが海老とベストマッチ!

タンドーリチキンも、サモサもチキンカレーも文句無しに美味しかったけれど、
やっぱりこの海老カレーが一番美味しかったです!

ロマリロティという薄いナンのようなものとは・・・・
オーダーした時にお店のおじさんが「作れるか厨房に確認してくる。」
と言ったほどの作るのに技術の必要なナン?

スペシャル・ハンカチーフ・ブレッドと表記されていましたが、
その名の通り、広げると大きなハンカチのような薄いナンの様でした。

a0318644_23104159.png


自分のお皿に取り分けて、インド料理を味わう至福の時・・・・。
今まで食べたインド料理(それほど多くはありませんが・・・)の中でダントツ一番でした。

a0318644_23123562.png


食後のチャイはお店の外の小さなテラス席で・・・・。
スパイス全部入りのマサラチャイには、お砂糖を入れた甘めの味が好み。

こちらのお写真、曇ってますよね・・・・。
実は、お店の中のエアコンが効き過ぎていて・・・・。
辛いものを食べているのに寒すぎて、カメラのレンズが曇ってしまいました。

お店の雰囲気も好きだし、お料理はどれも美味しくて大満足。
ただ、オーダーを受けてから作るので、お料理が出てくるまで時間がかかります。
満席だった今回は特別かもしれませんが、30分以上待ったかな。

その間にエアコンのお蔭で身体の芯から冷え切って・・・・。

だけど、必ずまた行きたいお店。今度は家族にもトライさせてみたい。
防寒具は忘れずに・・・ね。



Mustard

32 Race Cource Road
Singapore 218552

tel: 6297-8422


よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2014-08-27 23:32 | レストラン(その他) | Trackback | Comments(0)

ギリシャ料理のお店でチーズを楽しむ

ギリシャ料理というと、
フェタチーズを散らしたグリークサラダくらいしか思い浮かばなかった私ですが、
先日行ったお店でギリシャ料理を、
さらにフェタチーズの美味しさを改めて実感しました。

a0318644_1173051.png


お店は6Ave.近くのブキティマロード沿いにあり、
外観も可愛いこぢんまりとしたレストランです。

a0318644_11124193.png


お店の奥の階段を上ると、ブルーと白で統一された爽やかな空間が広がっています。

「こういう色合い、落ち着くねー。可愛いねー。」
なんて言い合いながら、メニューを開くも知らない名前のお料理がほとんど。
食べたかったグリークサラダ以外はお友達とあれやこれやと相談してオーダー。
ウフフ・・・・楽しみ☆

a0318644_11161996.png


ギリシャ料理だとは知らなかったタラモサラダ。
見た目はシンプルで地味だけど、とても美味しい!
自分で作っていたタラモサラダより、クリーミーだし塩加減も絶妙!
ピタパンにつけて食べると、これまた美味し☆

a0318644_112011.png


名前は忘れてしまったけれど、焼きチーズのフィグ添え。
チーズに嫌なくどさが無く、チーズの塩気とフィグの甘味がグー!

a0318644_1123073.png


飲み物の缶までブルーと白。
缶ごと出てきてビックリだったけど、偶然色合いが似ていました。

a0318644_11234148.jpg


グリークサラダ、登場!
フェタチーズが大きな塊のままどんっと出てきて目を引きました。
トマト、キュウリ、ペッパーにオリーブなど
シンプルな素材にチーズをのせ、オリーブオイルとレモンをかけ塩・胡椒しただけ。
なのにどうして?なんでしょう、この爽やかな美味しさ・・・。
ダイスに切って散らしたフェタチーズのサラダより、
こうして塊を切って食べるほうが美味しく感じました。

他に、ハンバーグのような一品も。
少し独特なスパイスが香るけれど、子供も好きかもしれないな。

a0318644_19383546.png


こちらのお店は内装も爽やかで居心地が良いのに加えて、
お店の方がトレイとして使っているのがギリシャ版オカモチ?の様で可愛かったです。

食後にミントティーを頼むと、ハチミツと共にこんなふうにサーヴされました。

意外といっては何ですが、ギリシャ料理は美味しかった!
お店の階段の脇にディスプレイの様に置かれたオリーブオイルの缶と
カウンターの上に山の様に積み上げられたレモンの量といったら・・・。

ギリシャは国民一人あたりのチーズの年間消費量が世界でも3位以内には入るし、
オリーブオイルを多用した料理のイメージが強かったのですが、
脂っこさやくどさを感じさせないのは、この大量に使われるレモンのお蔭なのかしら?

a0318644_1024439.png


とにかく、またあのグリークサラダが食べたくなって、さっそくフェタチーズ購入。

a0318644_1025283.png


レモンとオイルで軽くマリネした野菜の上にチーズをどんっと。
良く冷えた白ワインに合いますなぁ・・・。

ギリシャ料理の美味しさを教えてくれたあのお店、また行きたいです。


Blu Kouzina

893 Bukit Timah Road
Singapore 589615

Tel:6875-0872

Lunch: Fri-Sun 12-2:30pm
Dinner: Mon-Sun 6-10pm


よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2014-06-11 09:27 | レストラン(その他) | Trackback | Comments(0)

チャイナタウンの渡邊珈琲店へ

ワタクシ、紅茶はもちろん大好きなのですが、
コーヒーも毎日飲んでいます。

朝はカフェオレに始まり、午後のちょっと一時タイムに・・・・。
忙しくてランチの時間が取れない時は、カフェラテのテイクアウトでで済ませてたり・・・。

そんな乱暴なコーヒー人生(?)を送る私に、
「渡辺珈琲店」さんから試食会のご案内を頂きました。

a0318644_12424493.png


a0318644_12433048.png


場所はMRTチャイナタウン駅に直結した
チャイナタウンポイントというモールの地下一階にあります。

お店に入るとまず目に飛び込んでくる江戸切子のディスプレイタワー。

a0318644_12463080.png


周りにはおなじみのお店も多く、週末は沢山の人で賑わうモールですが、
お店の内装や雰囲気はとっても落ち着きがあって素敵。
歩き疲れた時に、ちょっと休んでいきたくなるようなお店です。

こちらのお店は珈琲店ですので、もちろん珈琲にはこだわりがあります。

a0318644_12491315.png


見た目にも興味深いサイフォンで、丁寧に珈琲を抽出してくれます。
修行をつまれた職人、ファイザルさん。真剣な目つきです。

a0318644_12541884.png


お店のマネージャーでいらっしゃる藤枝さんによりますと、
珈琲を抽出したあと、豆がこのように山になって残るのが、
美味しい珈琲をいれた証。
修行を積んだ人のなせる業です。

a0318644_1256587.png


珈琲の色はそれほど濃くはありませんが、なんだか輝いて見えます。
鼻に抜ける豆の香ばしさと、ビターチョコを思わせるコクと余韻。
「はぁ・・・美味しい・・・」と思わず背もたれに寄りかかりました。

こういった本格的な珈琲が飲めるお店なので、さそかし敷居が高いのかと思いきや、
こちらのお店のコンセプトはあくまでも「日本の喫茶店」。
なので、奥に見えております懐かしのクリームソーダなんてメニューもあります。
でもアイスは北海道産の牛乳で作るアイスだそうです。
文句なしに美味しく、思わず笑みがこぼれます。

そして、美味しい食事も提供されている渡邊珈琲店。
看板メニューでもあるオムライスを試食。

a0318644_134289.png


トロトロ卵の乗ったオムライスに、デミグラスやミートソースなどがかかっています。
中身は懐かしのケチャップチキンライス。

お店で使われている卵はすべて低温殺菌された安全性の高い卵のみ使用。
なのでここシンガポールでもこのトロトロ卵を美味しく頂けるのです。

オムライスにミートソースをかける発想は私には初めてで面白く、
私はこちらの方が好みでした。

a0318644_1375379.png


こちらも人気メニューのハンバーグ。
保温性に優れた南部鉄器に乗せてサーヴしてくれるので熱々!
こちらは和風おろしソースとデミグラスソースがあります。
少々味が濃いめなので、ご飯と共にがっつり頂きたくなります。

オムライスとハンバーグはランチセットメニューにもなっており、
マッシュルームスープ、ミネストローネ、サラダのいずれかのセットで
お得に食べられます。

a0318644_13144263.png


ワタクシ、個人的にはこのナポリタンが一番好きでした。
セモリナ粉を使った生パスタを使用したモッチモチのパスタ。
そのパスタに自家製トマトソースが絡んでもうっっ!
これを書いている今、また食べたい!と思わせるあのモチモチ感・・・・。

他にもパスタは明太子ソースや和風ベジタブルなどもあり、
パスタもランチセットメニューで頂けます。

a0318644_13185821.png


美味しいお食事を、試食と言いながら色々と食べさせて頂いて、
食後に何かお飲み物など~・・・・?と聞かれ、私が選んだのが
アイスフロートコーヒー。

a0318644_13221148.png


渡邊珈琲店で出されるアイスコーヒーは、
8時間かけて丁寧に丁寧に作られる水出しコーヒー。
なんと8時間もかけて、やっと10杯分できるそうです。

黒糖の様なコクとほんのりとした爽やかな苦み。
そのアイスコーヒーにこだわりのソフトクリームが乗ったのですから
それはそれは美味しかったです。

a0318644_13253127.png


お食事されない方にはデザートも充実していましたよ。
苺や抹茶のロールケーキに懐かしいお味のプリン、そして小倉トースト!
初めて食べましたが餡とクリームのベストマッチでペロッと食べてしまいそう。

a0318644_13282669.png


そして圧巻の厚切りトーストのパフェ!
もう私の説明は要らないと思いますが、期待通り、いえ、それ以上の美味しさでした。

こちらのお店には平日の昼間にお邪魔しましたが、
二人でゆっくり珈琲を飲みながらお話ししているカップル、
パソコンで仕事でもしながらスイーツをつまんでいる方などなど・・・・。
とにかくみなさん寛いでおられました。

あくまでも「日本の喫茶店のメニューにこだわる」とおっしゃる藤枝さん。
紳士な態度で誠実に対応して下さいましたが、内に秘めた熱いものを感じました。

こだわりのサイフォンで抽出された珈琲は、人の淹れた温かさまで感じましたし、
食材から吟味してつくられた食事やデザートは、どれもとても美味しかったです。

でも私はやはり珈琲が美味しかった!
そして、絶対にまた食べたくなるナポリタンスパゲッティを求めて、
近々お店に向かうことでしょう。



渡邊珈琲店

133 New Bridge Road
#B1-15
Chinatown Point Singapore
059413

Tel: 6444-7646

https://wwwfacebook.com/WaCafe.asia

*こちらのブログを見たと言って来店されたお客様に
 ソフトクリームをサービスして下さるそうです。(2014年5月末までです。)
 お店のFBへのチェックインもして下さると嬉しいとのことです☆

[PR]
by fromage-osho | 2014-04-28 10:09 | レストラン(その他) | Trackback | Comments(0)