カテゴリ:チーズのこと( 113 )

チーズのプレート

5月のチーズ教室に沢山の方々にご予約頂きまして誠にありがとうございます!
5月17日(水)、18日(木)にまだ若干お席がありますので
ご都合がよろしければ是非ご参加下さい。

ご予約はこちらから・・・The Providore

よろしくお願いいたします!

全日程満席となりました。ありがとうございました!
********************************************************************

先日チーズプレートのオーダーをお受けしました。
6,7人の持ち寄りパーティで、皆様お酒もご準備されているとか・・。

以前もオーダーを頂いたことのある方で、
今回はチーズとハム類の盛り合わせをご希望でした。

ブルーチーズも入れて、シェーブル以外のチーズを数種類とのリクエスト。

a0318644_10502989.png


コンテにマロワル、ブリヤ・サヴァランに
ウエストカントリー・ファームハウスチェダーなど。
手を伸ばしやすい様にカットして、見栄えが良くなるよう盛り付けます。

a0318644_10504556.png

a0318644_10505744.png

いつもThe Providoreのお店で作業するのですが、
私の七つ道具(?)はMy Cheese Knife、
チーズの名前を書く小さなプレート、そして敷紙。
他にもエプロンにチーズの空箱、油性ペン、自分の名刺も。

チーズナイフは鋭利で大きなものも鞄に入れてくるので、
その後の予定があるときなどは、
怪しまれない様にリネンなどで隠してます(笑)。

カットして盛り付けが終わり、カバーをかぶせる時は
「取りに来て下さる方に一番に喜んでもらえますように・・・。」と願います。

チーズプレートのオーダーは随時受け付けております。
日程の関係でお受け出来ない場合もあります事を御了承下さい。

受付はこちらから・・fromageosho☆gmail.com
(☆を@に換えて下さい)


どうぞよろしくお願いします。

Instagramも公開中☆ @fromageosho



[PR]
by fromage-osho | 2017-04-18 11:12 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

チーズを持って・・・

5月のチーズ教室に沢山の方々にご予約頂きまして誠にありがとうございます!
5月17日(水)、18日(木)にまだ若干お席がありますので
ご都合がよろしければ是非ご参加下さい。

ご予約はこちらから・・・The Providore

よろしくお願いします!

全日程満席となりました。ありがとうございました!




さてさて・・春休みやイースターホリデーがようやく終わり、
いつもの日常が戻ってきました。

ホリデー中は特に旅行に行くわけでもなく、
同じくシンガポールで過ごしている友人と
子供達を遊ばせたり、一緒にご飯を食べたり・・・。

のんびりしていた様で、意外と予定が詰まったりもして
充実した毎日であっという間に日が過ぎて行きました。

大抵、友人宅に集まるときなどは
何かおつまみになるものとワインを持参します。
そのおつまみが、私の場合はチーズであることがほとんどで、
集まる友人の好みを思い浮かべながらチーズプレートを作ります。

a0318644_13443373.png



この日はご近所に住むワイン好きなご夫婦、友人と共に。
タイプ別に4種類のチーズを選びました。

夜更け・・いや、明け方まで続いたワインの夕べ。
娘達はこのままスリープオーバー・・・。

a0318644_13444113.png

この日は元シンガポール在住で、今はバンコクに住む友人と再会の夜。
久しぶりに集まって、ワイワイ楽しんでいると
数年前に戻った感じ!

最後はこれ!

a0318644_13442471.png
友人のサプライズ・バースデーパーティに持参したもの。

このパーティのテーマが「祭り!」そしてテーマカラーは「赤」。
カマンベール・ド・ノルマンディに角切りにしたリンゴを挟み、
手作りの「祭り」ピックでデコレーション。

手前はミモレットのロールパイです。

その時のシチュエーションや集まるメンバーの好みなどを考えて
あれこれチーズをアレンジするのが楽しいところ。

季節のフルーツを添えても良いし、ハムやサラダとも相性よし!
さて・・次の集まりの時は何を持っていこうかな・・・。


Instagramも公開中☆ @fromageosho



[PR]
by fromage-osho | 2017-04-17 14:08 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

リコッタチーズのグラタン

チーズ教室では、それぞれのチーズをお料理に使う時の提案もしておりますが、
「野菜のグラタンにするとよりいっそう美味しくなりますよー。」
とご紹介するのはウォッシュタイプのチーズであることが多いです。

そのまま食べるには外皮の匂いが強すぎて無理だわ・・と感じる方も、
火を入れることでグッとまろやかでコクのあるグラタンになりますよね。

マンステールチーズのポテトグラタンや
ポン・レヴェックのアンディーブグラタンなどなど・・・

前回のチーズ教室でも
ウォッシュタイプのチーズのグラタンを試食して頂きました。

a0318644_17462045.png

よりさっぱりと、そしてヘルシーに仕上げたい時には
リコッタチーズを活用するのもお勧めです。
そもそもリコッタチーズはホエイを主原料とした低脂肪なチーズ。
ミルクのコクや甘みは残っているのでグラタンにも最適です。

a0318644_16254483.png

今回はオリーブオイルでソテーしたズッキーニとアボカドを交互に並べ
スモークサーモンを乗せた上にリコッタチーズをたっぷりと。
仕上げにミモレットのすり下ろしをかけてオーブンで焼きました。

a0318644_16260199.png

ミモレットとスモークサーモンの塩気があるので、あえて塩は加えずに・・。

この日はセンス抜群の友人宅でランチ。
オーブンで焼き、熱々のところをアルミホイルで覆って持って行きましたが
上に振りかけたミモレットが
アルミホイルにべったりくっついてしまうというハプニングもありながら・・。
最近ダイエットを始めた友人にも気に入ってもらえました。

野菜はブロッコリーやアスパラでも良いし、
ミモレットの代わりにパルミジャーノのすりおろしでもOK!

簡単に出来るリコッタチーズのグラタン、お試し下さい☆




Instagramも公開中☆ @fromageosho

[PR]
by fromage-osho | 2017-02-22 16:52 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

Potted Stilton

私のなかで大好きなチーズのひとつがPotted Blue Stilton。
イギリスのブルーチーズ、Stiltonが陶器などのPotに入ったものです。

イギリスではこのPotted Stiltonを贈り合う風習があったので
クリスマスの時期になると店頭でチラホラ見かけるようになります。
チーズが可愛い容器に入っているだけでグッとお洒落に見えますし、
扱いやすくなりますよね。

でも、残念ながらシンガポールではあまり見かけません。
空になったPotはきれいに洗って保管したいので、
Potのデザインも気になるところです。

先日、もうとっくにクリスマスも終わった頃に偶然見つけました。
お店のセラーに入っていたのを見つけ、
うれしくなって店員さんに「買いたい!」と言うと
「残念ながら賞味期限切れなのです・・。」と。

「それでもいいから買いますっ!」と押し通し、
無事に我が家にやってきました。

a0318644_15582262.png

チーズの賞味期限はあって無いようなもの。
中のStiltonはとても美味しく、本当に良い買い物が出来ました。

a0318644_15583725.png

友人からお土産に頂いたふくよかな干し柿と共に・・・。
肉厚で甘みの凝縮した干し柿とStilton・・・最高の組み合わせです。

ずっと探していたものに出会った感激。
Potもチーズも大切にします。

さて、明日からはThe Providoreにて今年最初のチーズ教室が始まります。
今月のテーマは「フランスチーズをもっと知ろう!西部・北東部編」です。
お陰様で全日程満席となりました。
喜んで頂ける様に張り切って参ります!!

instagramも公開中☆ @fromageosho

[PR]
by fromage-osho | 2017-02-06 16:01 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

West Country Farmhouse Cheddar

シンガポールに住んでいると、一年のうちに二度も新年を迎えられるので
それぞれに新たな気持ちの切り替えが出来るような気がします。

「お正月だから・・」と都合を付けては
いつもより少し良いワインを選んでみたり
周りの雰囲気に乗ってチーズをはじめ食材を買い込んでみたり・・・。

のんびりと過ごした旧正月も終わり、
気も身体も引き締めてたいところです!

さて、先日イギリス帰りの友人からお土産にチーズを頂きました。

a0318644_19375693.png

さすがは本場のWest Country Famhouse Cheddar。
固いガーゼの様な布で包まれていて見た目も可愛い。

a0318644_19373503.png

表面のワックスを切り取ると、優しいアイボリー色のチーズが・・。
まるでバニラアイスの様な見た目に
ナイフを入れる手を止めてじっくり眺めてしまいます。

一かけを口に入れた途端に広がるバターの様なミルクの旨み!
歯にまとわりつく・・というよりはスゥーっと溶けて行く感覚。
でも、十分にコクを感じさせる余韻の長さ。
ほどよい酸味と旨みのバランスが最高で食べ出したら止まらない・・・。

ワインはもちろんですが、丁寧に濃くいれた紅茶と合わせてみたくなり、
早速お湯を沸かして紅茶をいれました。
ちなみに、ウバやキームンとの相性がお勧めです。

久しぶりに食べた美味しいチェダー。
遠路はるばる運んでくれた友人に感謝・感謝!


instagramも公開中☆ @fromageosho

[PR]
by fromage-osho | 2017-02-02 19:55 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

クリスマスパーティ 2016

クリスマスパーティと称して友人と集まり、
美味しいワインとお食事を楽しみながら、ワイワイ喋っていっぱい笑って・・・。

一年のなかでも最も華やかな時期ならではの楽しみですよね。
「カンパーイ!」と言ってグラスを合わせる時のみんなの笑顔が晴れ晴れしい。

どのクリスマスパーティも雰囲気があってとっても楽い時間でした。
チーズをメインにご紹介すると・・・

a0318644_10354776.png

スペイン料理のお店では、マンチェゴをはじめとするチーズプレートを。
添えてあるトマトのチャツネ(?)がチーズと良く合ってました。

a0318644_10322763.png

こちらでは、この時期ならではのチーズ、モンドールを。
自家製チョリソ入りとオニオン&ベーコン入りのベイクド・モンドールを堪能しました。

a0318644_10324783.png
a0318644_10325579.png

この日は送別会を兼ねたBBQ パーティ。
サラミや生ハムとチーズを盛り合わせたプレートを持参しました。

a0318644_10324123.png

こちらはロンドン帰りの友人が現地で買ってきてくれたチーズ。
白と黒の陶器のポットに入ったスティルトンは特に絶品!
黒い方はトリュフ入りのスティルトンでしたよ~・・・贅沢!

a0318644_10323416.png

食後には、イェトストも出してくれました。
このチーズを覚えていてくれただけでも嬉しい!
山羊乳100%のスペシャルなイェトスト。
う~ん・・・コーヒーに合う♡

a0318644_10330288.png

素敵な御宅にお呼ばれしたパーティでは、チーズとダックリエットを持参。
外せないモンドールにミモレット12か月、そしてポーターチェダーを。

a0318644_10331163.png

ワイン好きなツワモノばかり。
美味しいお食事に美味しいワイン。幸せな時間でした。

気の置けない友人とこうして過ごす時間は、
楽しいだけでなく、元気やパワーをもらっています。

友人たちの素敵なセンス、生き方のポリシー、言葉の端々に宿る優しさ・・・。
いつも色んなことを感じ、勉強させてもらっています。

また、今年もチーズ教室を通じて、沢山の素晴らしい出会いがありました。
感謝してもしきれない程の優しさ、温かさで包んで頂けたと思っております。

チーズを通してこうして人とつながること、
チーズを囲んで笑顔でいられることは本当に幸せだと思います。

今年も本当にありがとうございました!
次回のブログでは、年明け第一弾のチーズ教室のご案内をいたします。

どうぞよろしくお願いします☆



にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2016-12-21 11:19 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

チーズプレート

クリスマスもいよいよ間近にせまってきましたね。

半袖にサンダル姿で街中のクリスマスイルミネーションを眺めるのも、
さすがに5回目ともなると、それもまた良し・・・と感じているこの頃です。

チーズプレートのオーダーもいくつか頂いております。
皆様の楽しいパーティ風景を想像しながら作っています。

a0318644_10373549.png
ある週末は2件のオーダーをお受けしました。
中身は違えど、双子の様なプレートを作成しました。

a0318644_10374780.png
気に入って頂けますように・・・。
容器にふたをするときにはお嫁に出す様な気分です(笑)。

a0318644_10381056.png
a0318644_10382427.png
クリスマスパーティ用には、ほんの少し飾りもプラスして。
ワインを飲みながらチーズも楽しんで頂けたら嬉しい!

後日、こちらのプレートをオーダーしょて下さったお客様から
「歓喜の声があがりました。」
「チーズの本を片手にチーズ談議に華が咲きました。」
などと、嬉しいお言葉を頂きました。

今年の私の作成するチーズプレートはご予約を締め切らせて頂きましたが、
The Providoreではいつでもオーダーすることが出来ますよ。

パーティシーズンにチーズも添えて・・・。
どうぞよろしくお願いいたします☆



にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2016-12-20 11:11 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

モンドールの季節到来!

11月のチーズ教室はお蔭様で満席となりました。
お申込み頂きました皆様、誠にありがとうございました!


さてさて・・・・
11月に入り、オーチャード・ロードもクリスマスのデコレーションで
より一層華やかになりましたね。
我が家にクリスマスツリーを飾るのはもう少し先になりそうですが、
少しずつ、そして確実にホリデーシーズンが近づいてきているのを感じます。

チーズを売っているお店でMont d'Orを見かける様になったのは10月末頃。
「やったー!またこのチーズを楽しめる時期がやって来た!」
と嬉しくなり、さっそく購入しましたよ。

a0318644_10070792.png

とろりと柔らかい中身をスプーンですくってバゲットにたっぷりのせて・・。
濃厚なミルクのコクに仄かな木の香りが混じり合い、いくらでも食べられてしまいそう。

この日はそれぞれの用事を終えて、遅い時間から集まりワインを飲む会。
食事というよりおつまみを用意して、ワインを飲みながらワイワイ過ごそうと。

a0318644_10035746.png

Mont d'Orのほかにもチーズプレートを用意。
この中では、特にSec のクロタン・ド・シャヴィニョルが美味しかった!
酸味が抜けて、ホクホクとした食感にミルクの旨みがギュッと詰まってて・・・。
これだからシェーブルは奥が深い。

途中、夜も更けたころにスペシャルゲストもチラッと登場してくれたりして、
この日もとても楽しい時間を過ごせました。

翌年の3月15日までは製造されているMont d'Orですが、
年が明けると徐々にお店から姿が見えなくなってしまうのが悲しいところ・・・。

期間限定なのでこの時期に何度でも思い存分楽しみたいMont d'Or。
そのままでも良し、グラタンにしても良し!
Mont d'Orの季節がいよいよ始まりましたね。

a0318644_10072320.png
ご馳走様でした!








にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2016-11-10 10:28 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

10月のチーズ教室のチーズ

10月のチーズ教室のテーマは
コーヒーとともに楽しむチーズ」でした。

このテーマに決めた時、真っ先に頭に浮かび、
是非ご紹介したいと思ったチーズがこちら。
ノルウェーのチーズ「イエトスト」です。

a0318644_12304726.png

見た目もキャラメル、そして、味わいもキャラメルにそっくり。
牛乳のミルクのコクに、ほんのり山羊乳が香る珍しいチーズ。
ノルウェーの朝食の様に、クリスプブレッドに乗せて。

a0318644_12325824.png

一口食べて、「わ、オモシロイ!!」などという感想も。
「今日のラインナップのなかで一番好きです。」
なんて言って下さる方も多く、皆様の反応が嬉しかったです。

次は見た目にも華やかなデザートの様なチーズ「ブリヤ・サヴァラン・パパイヤ」。

a0318644_12331647.png

ケーキの様な外観ですが、あくまでもチーズ。
周りにまぶされたパパイヤの甘さやサクサク食感と相まって、
コーヒーと共にどんどん食べ進んでしまうチーズです。

「これはチーズというよりデザートみたい!」
「子供も喜びそう!」
などの感想が思わず飛び出す、大人気のチーズでした。

a0318644_12310428.png

馬蹄型が目をひくこちらは白カビに覆われた「バラカ」というチーズ。
クリーミーでリッチで食べやすい。

a0318644_12335309.png

ご用意したプラムのジャムやシナモンシュガー、ハチミツとの相性もバッチリです。

a0318644_12333564.png

幸せを呼ぶこのかたちから、送り物にしても喜ばれそう。

a0318644_12312055.png

こちらはセミハードタイプの「ゴーダ」。
オランダで作られるお馴染みのチーズですが、こちらはクミンを混ぜたもの。



a0318644_12315933.png


カレーの様なクミンの香りとチーズのコクや甘さとのバランスが絶妙です。
サイコロ状に切っておつまみに、
また茹でたじゃが芋や人参に乗せてオーブンで焼いても美味しい!

a0318644_12350747.png

パイシートにゴーダ・クミンチーズを細かく切ったものを巻き込んでロール状にし、
輪切りにしてオーブンで焼いたものも試食して頂きました。
コーヒーにはもちろん、ビールのおつまみにももってこいです。

a0318644_11404327.png

木炭にまぶされた表皮の中はトロトロでクリーミー。
ところどころに青かびも入った「モンブリアック」というフランスのチーズ。

a0318644_12340578.png

チーズの部分のコクにほんのり青かびの刺激も感じられる、
食べやすいブルーチーズ。
そのままでも美味しく、ドライフィグやサラダとの相性も良いです。

a0318644_12355285.png

最後はグッと濃厚なチーズをご紹介しました。
イタリアはピエモンテ州で作られている「フォグル・ディ・カスターニョ」。
「栗の葉」という名前の通り、
熟成したチーズの表面を栗の葉でびっしり覆ったチーズです。

a0318644_12421450.png

ねっとりとした食感と、余韻の長い深ーいコク。
葉っぱの香ばしい香りもチーズに移り、
エスプレッソが飲みたくなるチーズです。

a0318644_12323349.png

「味噌や醤油の様な香りがする・・・。」
「このチーズは赤ワインにも合わせたい!!」
など、様々な感想がどんどん出てくる濃厚なチーズでした。

最後にデザートとして、
クリームチーズを使ったブルーベリーチーズケーキを
コーヒーと共に召し上がって頂きました。

a0318644_12321336.png

コーヒーと一口に言っても、ミルクが入ったものか、お砂糖を入れて飲むのか・・・
はたまたアメリカンコーヒーなのかエスプレッソなのかで、
合わせるチーズも変わってきます。

チーズのボリュームとコーヒーの濃さを合わせたり、
ジャムやハチミツなどでアレンジしたり、
本当に幾通りもの楽しみ方があると思います。
ご自分の好みを知り、
自分だけのマリアージュを探って頂けたなら大変嬉しく思います。

a0318644_12342974.png

皆様、口々に感想を言って下さったり、熱心にメモを取って下さったり・・・。
本当に有り難い事だと思っております。

今回のチーズは、
普段The Providoreのチーズコーナーに置いていないチーズを取り寄せましたが
人気が高く売り切れてしまい、ご希望に添えなかったチーズもあります。
皆様の声やチーズのリクエストなどは必ず参考にさせていただき、
お店のスタッフにも伝えるようにしておりますので、
どんどんご意見を頂きたいと思います。

次回のブログでは、今回のチーズ教室でお出ししたワインについてご紹介します。






にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2016-11-01 10:50 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

お別れ女子会

シンガポールに住んで5年目になります。
初めはドキドキしていたシンガポールでの生活も
日を重ねるごとに次第に慣れて行き、
いつの間にか普通になっている事が沢山あります。

最近引っ越しして来た方もいるし、
そしてもうすぐシンガポールを離れる友人もいて・・・。
「寂しいけれど、仕方がないか・・・」と自分を納得させつつも、
やはりお別れは慣れずに寂しいもの。

先日は、もうすぐご主人様の祖国へ引っ越す友人を呼んで、
我が家でしっぽり女子会をしました。

遅い時間からのスタートだったので、軽いお食事とチーズがメイン。
私はチーズを、素敵なお食事は友人の一人が用意してきてくれました。


a0318644_19261235.png

チーズは、この会が決まった時に絶対に買おうと思っていた
XAVIER DAVIDのEpoissesにMorvier、そしてトリュフをサンドしたBrie。
チーズもワインも大好きな友人と一緒に楽しみたい!

a0318644_19260109.png

Epoissesは今や貴重なau lait cru。
室温し戻してトロトロしたところをスプーンですくって頂きます。
深ーい香りと旨みが濃縮された味わいで、まさにウォッシュチーズの王様。

パリに本店を置くMaison de la Truffeの黒トリュフをサンドしたBrieは
口に入れた途端、トリュフの香りがいっぱいに広がって・・・。
クリーミーなブリーと相まってワインが進む美味しさです。

チーズのなかの箸休め的な存在(?)のMorvierはこっくりとした美味しさ。
ナッツやブドウとの相性も良いのでパクパク食べてしまいそう。

a0318644_19262461.png

みんなが持ち寄ってくれたワインは偶然にも全てロゼ!
男性ばかりの集まりではこうはいかないラインナップ。

女子ならではのお喋りも進み、気が付いたら午前3時を回っていて・・・!
最後に記念撮影(午前3時に!)をして、お別れしました。

お別れは寂しいけれど、最後にこうやってゆっくり会えて良かったな・・。
「絶対に会いに行くね~!それまで元気でね!!」
とハグしながら最後まで笑顔でお見送りしました。





にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2016-10-19 19:47 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)