<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

terraからLa Terreへ

ややこしいタイトルなのですが、それぞれ違うお店です。

しかも、どちらも最近オープン(いえ、まだソフトオープン中!)したお店でありながら
とても素敵でお料理もワインもとっても美味しくお気に入りのお店となりました。

ワイン好きなお友達と金曜日の夜の予定が合ったので、
気になっていたお店「terra」で待ち合わせ。

美味しいお店が軒を連ねるTras Streetにあるイタリアンのお店です。
こちらのお料理のコンセプトは「Tokyo Italian」。

イタリアで修業し、シンガポールで腕を振るっていたシェフが独立されて
こちらのお店をオープンされました。

店内は明るく、洗練されつつカジュアル感も残した雰囲気で気持ちが良い!
アラカルトメニューもありますが、
陽気なマネージャーさんのお勧めもあり、「シェフのお勧めコース」をチョイス。

a0318644_1113328.png


とても爽やかなお魚料理。
乾杯!したシャンパーニュにも良く合いました。

a0318644_11134110.png


シェフのお得意料理?のホタテとシメジのポットロースト。
ガーリックの効いたソースが美味しい!
それでいて、それぞれの素材の良さが際立っていました。

a0318644_1114069.png


ウニとカラスミのパスタは、なんと柚子の皮をアクセントにしたもの。
濃厚な組み合わせのソースの後味にさっぱりとした柚子が香って、
絶品でした。

a0318644_1114144.png


パスタはもう一品。ラグーかな?
こちらもクドさがなくてモチモチパスタとの相性抜群でした。

a0318644_11142767.png


メインのお肉はスーっと切れる柔らかさ。
これだけ食べてお腹は一杯でしたが、嫌なしつこさが全くないので
全てのお料理を美味しく完食いたしました。

Tokyo Italianというだけあって、
やはり日本人の口にあう繊細で上品なお料理の数々でした。
素材にももちろんこだわっていて、カラスミやキノコなどお勧めの旬の食材は
陽気なマネージャーがテーブルまで持ってきてくれてプレゼンしてくれました。

とはいえ、店内はフランス人と思われるグループや
味にうるさそうなシンガポール人などで賑わっていて、
そして皆さん素敵な方ばかり。

「良いものは国籍問わず」・・・。
また是非訪れたいレストランです。

デザートは写真を撮り忘れ・・・
その後はこれまた大好きな場所「La Terra」へ。
まだテストオープンですが先週に引き続き二度目の訪問です。

a0318644_12111730.png


まだ看板も無く・・・・・まさに隠れ家的なお店。

a0318644_11394739.png


興味深く素敵なラインナップのワインリストから選ぶのも良し、
ソムリエ川合氏のおすすめワインに酔いしれるものも良し・・・・・。

ここは美味しいワインが飲めるのはもちろんですが、
川合さんからワインのお話しが聞けたり
同じくカウンターに座る他のお客さんと話が弾んでワインを薦め合ったりと
とても良い時間を過ごせる場所でもあるのです。

terraとLa Terre、名前はどちらも「大地」という意味の言葉からきているそう。
グランドオープンが待ち遠しい、とても素敵なお店です。

************************************

10月のチーズ教室
赤ワインと共に楽しむチーズ」です。

10月29日(木) 10:30-12:30

(10月27日、28日はお蔭様で満席となりました。)

お一人様$90(グラスワイン付き)です。

お申し込みは
cooking@theprovidore.com
までお名前、連絡先、メールアドレスを添えてお申込み下さい。

どうぞよろしくお願いします!

************************************


よろしくお願いします☆

にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-10-20 11:56 | レストラン(イタリアン) | Trackback | Comments(0)

スパニッシュレストラン aca1゜ Kyoto

前回のブログでもお気に入りのスパニッシュレストランの事を書きましたが、
スパニッシュ繋がりで京都のお店もご紹介。

一時帰国する時は、京都の美味しいお店に行くのも楽しみな事の一つ。
和と洋の良いとこ取りをしたお料理って、やっぱり美味しいと思うのです。

この日は「今度一時帰国した時には絶対行きたいお店!」とメモしておいた
スペイン料理のお店「aca1゜」。

少し京都のニュアンスを加えつつ洗練されたスペイン料理のお店です。

a0318644_193484.png


控えめな看板の脇の階段を上り、重厚な木の扉を開けてお店に入ります。

先に着いて待っててくれた、同じくシンガポール在住の友人と乾杯!
このお店は夜はコースのみ。
それに、一杯ずつお料理に合うワインを付けてもらうことにしました。

a0318644_1992741.png


このお店に行ったのはもう二か月も前・・・・
なので詳しいお料理の素材などは忘れてしまいました・・・。

どのお料理もとても手の込んだ繊細なものばかりでしたし、
素材の意外な組み合わせや、京都を感じさせる一品も多く、
スペイン料理の新しい提案を存分に堪能できました。

a0318644_19213261.png


特に印象に残ったのが、こちらの青魚をトマトパンに乗せ紫蘇を巻いた一品。
トマトパンは、一口かじると
ジュワッとトマトの深い旨みを感じるのに外側はカリカリしていて・・・。
とっても不思議な食感!
青魚と合わせるのも新鮮でとても美味しかったです。

a0318644_19241371.png


a0318644_19243653.png


涼しげな盛り付けが爽やかなお魚料理。

a0318644_19253928.png


メインの牛肉には、極うすーく削ったブルピのチーズが!

a0318644_19275221.png


このチーズの薄さ・・・・・感動でした。
もちろんお肉との相性もバッチリで・・・・。
あまりにチーズが全面に出てしまうと、少し強いお料理になり過ぎてしまう。

美味しいお料理を少しずつ・・・でも沢山食べられるように優しいお味で。
まさにスペイン料理と和食の良いとこ取りです。

a0318644_19313897.png


全部で8品くらいのお料理が出てきたかな・・・。
それに合わせて8種類のワインを飲んでいるのでお腹も一杯に。

最後はアナゴのパエリヤで〆ます!
この量が嬉しい。

a0318644_19331153.png


お腹が一杯でデザートの後にでてきたチョコの入る余地なし・・・。

とにかく美味しくて優しくて洗練されたスペイン料理に大満足でした。
もし、京都で美味しいスペイン料理をお探しなら・・・・
是非訪れてみて下さいね。


************************************

10月のチーズ教室
赤ワインと共に楽しむチーズ」です。

10月29日(木) 10:30-12:30

(10月27日、28日はお蔭様で満席となりました。)

お一人様$90(グラスワイン付き)です。

お申し込みは
cooking@theprovidore.com
までお名前、連絡先、メールアドレスを添えてお申込み下さい。

どうぞよろしくお願いします!

************************************

よろしくお願いします☆

にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-10-16 19:38 | 日本でのできごと | Trackback | Comments(0)

スパニッシュレストラン La Ventana

たまに土曜日の夜、友人達とディナーに出かけます。

美味しいお酒とお料理を楽しみたい!
でも、一番の目的は時間を気にせずゆっくり喋りたいこと。
平日のランチでは話きれないことを、
大好きなワインを飲みながら喋る時間がとっても楽しい。

喋りがメインでも、雰囲気良くて美味しいお店選びも重要なポイント。
先日は、友人がチョイスしてくれたスパニッシュレストランへ行きました。

a0318644_9422753.png


Dempsy RoadにあるLa Ventanaというお店です。
カタルーニャ出身のミシュランスターシェフ、Carles Gaig氏のお店だそう。

a0318644_9501251.png


まだオープンして間もないお店。
お店の佇まいから、一歩中に入った時の上品でカジュアルな雰囲気がとても素敵!
落ち着いていて明るいインテリアもすごく好きなお店。

a0318644_9543637.png


まずはロゼのCavaで乾杯!
バラの花の絵がボトルの中から透かしてみえる、可愛いらしいお酒。
ドライで華やかで女子会にはピッタリ?!

夜はたくさんの種類のタパスからなるコースとアラカルトのメニューがあります。
私たちはアラカルトの中からそれぞれ気になるものを選んでオーダーしました。

a0318644_1064668.png


始めに出てきたパンにつけるオリーブオイルがとっても香り豊かで
お料理への期待が高まります。

特にトマトソースを塗ったパンの上にイベリコ豚の生ハムが乗ったのは絶品!
一口食べて、衝撃の美味しさに思わずハムをめくって中をチェックした程。

なんとも言えない爽やかな旨み凝縮のトマトと、
これまた旨み凝縮のハムが溶け合って・・・。

次に頼んだテンプラニーリョの赤ワインがぐいぐい進みます。

a0318644_10115998.png


他にも、こんな可愛いポテトのフリットも。
タコの煮込みの様なお料理も、想像を裏切る洗練された盛り付けで出てきました。

a0318644_1014971.png


とっても素敵なアルフレスコ席も含めて、いつの間にか満席に。
ワイワイガヤガヤした雰囲気が、スペイン料理のお店らしくてなんだか心地よい。

デザートでは友人のバースデーも一緒にお祝い出来て、大満足な時間でした。

最近行ったレストランでは一番のお気に入り。
サンデーブランチでは自家製サングリアがフリーフローになるそうなので、
緑あふれるアルフレスコ席に座って家族でのんびり過ごすのも良さそうです。

a0318644_10191635.png


その後Manhattan Bar移動。
このお店のカクテルも大好きだけど、ついウィスキーを頼んでしまう。
甘いお酒への許容範囲がどんどん狭くなってきてると感じる今日この頃・・・・。
だってウィスキーの香りが大好きなのですもん。

a0318644_1021559.png


チーズをつまみにお酒を飲みながら、楽しい夜は更けていくのでした。


************************************

10月のチーズ教室
赤ワインと共に楽しむチーズ」です。

10月29日(木) 10:30-12:30

(10月27日、28日はお蔭様で満席となりました。)

お一人様$90(グラスワイン付き)です。

お申し込みは
cooking@theprovidore.com
までお名前、連絡先、メールアドレスを添えてお申込み下さい。

どうぞよろしくお願いします!

************************************

よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-10-13 10:28 | レストラン(スパニッシュ) | Trackback | Comments(0)

チーズプレート

大変嬉しいことに、チーズプレートのご要望も頂いております。

・こういうメンバーで楽しみたい
・合わせる飲み物は・・・
・チーズのお好み
・ご予算

などをご相談して、チーズプレートを作ります。

a0318644_171957.png


こちらのお客様はワインパーティにお持ちになるとの事。
ミモレットが大好きなので、必ず入れて!との事でした。

ワイン好きな方がたに色んな種類のチーズも食べて頂きたいと思い、
数種類をチョイス。

a0318644_17253640.png


「ネームカードも入れて下されば配ります~♡」なんて言って下さったので
お言葉に甘えて・・・・数枚ラップに包んでくっつけました。

a0318644_17285515.png


次は、ご夫婦二人でゆっくりチーズを楽しみたいとオーダーして下さいました。

a0318644_17301523.png


大理石模様のIrish Porterは私の作るチーズプレートには欠かせないチーズ。
見た目のインパクトがありプレートが華やかになるだけでなく、
じつはいつも大変人気があるのです。

ご丁寧に詳しく感想を送って下さったのですが、
ご主人様のこの日のナンバー1だったそうです。
熟成の進んだReblochon も喜んで頂けました。
「二人でワイン2本が空きました!」との事です。嬉しいー!

a0318644_17364874.png


お次のオーダーは、またまたワイン会のご予定のある方から。
シェーブルは入れないで、
コンテと白カビチーズ、そしてウォッシュタイプも少し~とのリクエスト。

a0318644_17391939.png


ブリー・ド・モーとドライフィグをモザイク風に並べてみました。
ウォッシュチーズは中身が溶け出すものが多いので、Mini Epoissesをホールで。

a0318644_17421282.png


ケースの蓋を閉める時、「喜んでもらえます様に・・・」と願いと込めます。

チーズプレートはThe Providoreのマンダリンギャラリー店、
もしくはPasarbella店にてお引き取りとなります。

出来れば一週間前までにオーダーを頂ければ、
チーズの種類も、よりご希望に添えるかと思います。

ご予約・お問い合わせは
cooking@theprovidore.com
まで、日本語または英語でメールをお送りください。

************************************

10月のチーズ教室
赤ワインと共に楽しむチーズ」です。

10月29日(木) 10:30-12:30

(10月27日、28日はお蔭様で満席となりました。)

お一人様$90(グラスワイン付き)です。

お申し込みは
cooking@theprovidore.com
までお名前、連絡先、メールアドレスを添えてお申込み下さい。

どうぞよろしくお願いします!

************************************

よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-10-10 17:58 | チーズのこと | Trackback | Comments(2)

10月のチーズ教室のご案内

10月のチーズ教室のご案内です。

季節感の無いシンガポールではありますが、
チーズを造る国では夏のチーズ造りを終え、熟成を経て秋に出回るチーズもあります。
赤ワインが飲みたくなる秋に味わうチーズをご紹介します。

a0318644_10211928.png


テーマは「赤ワインと共に楽しむチーズ」です。

お酒を召し上がらない方も、もちろんご参加頂けます。
The Providore Cafeのメニューの中から、お好きなドリンクをお選びください。
また新たなマリアージュを探ってみましょう。

a0318644_10214385.png


☆内容☆ 

毎月のテーマに沿った数種類のチーズの特徴や味わい、
エピソードやカッティングの仕方
そのチーズに合う飲み物などのお話しを聞きながらチーズを楽しみます。
チーズの美味しい食べ方、他の食材との組み合わせなどもご提案。
Cafe のシェフからのチーズを使った温かい一品もお楽しみに!


☆日時☆

10月27日(火) 10:30-12:30 満席になりました
10月28日(水) 10:30-12:30  満席になりました
10月29日(木) 10:30-12:30  

☆レッスンの場所☆

”The Providore Cafe PasarBella"

200 Turf Club Road #02-K55
PasarBella at The Grandstand
Singapore 287994

Tel: +65 6314 1034

pasarbella@theprovidore.com

ターフシティ、グランドスタンド内の
お魚やお寿司などのお店がある出口の外側に位置しています。

お店の目の前にシャトルバスの停留所があります。
Bukit Timah,Clementi,Botanic Gardens,Toa Payoh方面からの
無料シャトルバスがあります。

☆レッスン費☆

おひとり様  90ドル
(グラスワイン1杯、またはソフトドリンク付きです。)

☆クラス特典☆

・チーズ教室中に限り、お店のメニューに載っているグラスワイン
(赤、白、サングリア)をそれぞれ$10でご注文頂けます。

・レッスン当日、クラスにご参加頂いた方にはThe Providore Deliにて
 10%割引きで商品をお買い求め頂けます。
(割引きが適用できない商品もございますのでスタッフまでお問い合わせください。)



☆持ち物☆

筆記用具・カメラなど


☆お申込み☆

以下の内容を cooking@theprovidore.com まで、メールをお送りください。

 ・参加される方のお名前(ふりがな)
 (複数の場合は同伴者のお名前もお願いします。
  また、お支払いを別々にされたい場合にはその旨お伝え下さい。)
・E-mail アドレス
・連絡先
・参加希望日

*Peatexでのお支払は出来なくなりましたのでご了承ください。*




多くの皆様にご参加頂けます事を願っております。
どうぞよろしくお願いいたします。



よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-10-08 21:04 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

今月のチーズ教室のワイン

チーズ教室では、お一人様一杯のグラスワインがつきます。
(ワインを飲まない方にはソフトドリンクをお選びいただけます)

その月にご紹介するチーズに合わせるワイン選んでいます。
今月はフロマージュ・ブランを使った「セルヴィ・ド・カニュ」に始まり、
爽やかなチーズもご紹介するので、
チリのソーヴィニョン・ブランを選びました。

a0318644_1226521.png


青りんごなどの爽やかな香りの奥に
グリーンマンゴーやパイナップルの様な南国フルーツの香りもするワイン。

ハーブと一緒にチーズを食べ、ワインを飲むと幸せ~な気分になります。

実はワインに関してはコンサバな私・・・・。
特にチリやアルゼンチン、南アフリカのワインは飲む機会がほとんど無いのですが、
気に入ったワインに出会えたら、リーズナブルな価格もあってなんだか嬉しい。

a0318644_12371133.png


ワインなどの飲み物が皆様に行きわたり、
一口飲まれた後のホッと雰囲気が和む瞬間・・・・・。
見ていて私も嬉しくなりますし、なんだか安心するときです。

チーズを食べ進めていくうちに、チーズの味わいも濃いものとなって行き、
そろそろ赤ワインが飲みたくなるころ。

チーズ教室の間は、
サングリア、白、赤のグラスワインは全て$10で追加オーダーできます。

a0318644_12445213.png


「もう一杯、白ワインが飲みたい。」方や
「このチーズには赤ワインを合わせてみたい!。」という方が多く、
なんだか賑やかな3日間となりました。

チーズを食べ、飲んでお喋りして・・・・テーブルが近いこともあり、
初めてお会いする方同士でも自然と会話が生まれ、
和気あいあいとした雰囲気に包まれます。

私のチーズの説明も、飲みながら、食べながら聞いて頂けたら十分です!
そういった皆様の雰囲気に随分助けられています。

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。

次回のチーズ教室の詳細は次のブログにてお知らせいたします☆


よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-10-07 12:51 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

今月のチーズを使った温かい一品

毎回のお楽しみ、チーズを使ったThe Providore特製の温かい一品。

今回はこちらをご用意しました。

a0318644_16353653.png


イギリスはウェールズ地方で
昔から食べられてきたチーズトースト、「ウェルシュ・ラビット」。
様々なアレンジがありますが、シュレッドしたチーズをビールで溶かし、
イングリッシュマスタードやウスターソースなどで味付けしたものを
トーストの上にのせてオーブンで焼いたものです。

「ラビット」と名前が付いていますが、ウサギの肉は使っていません。
ウサギ肉の代わりに食べたと言われるチーズ料理です。
ちょっと気取って「ウェルシュ・レアビット」なんて言う事もあるそう。

チーズにイングリッシュマスタードやウスターソース、そしてビールで味付けした、
まさにスパイスとの相性を感じさせる一品です。

それにもう一つ・・・・

a0318644_16424392.png


付け合せのフライドポテトにキャラウェイシード、そしてミモレットのシュレッドかけ!

熱々のフライドポテトにキャラウェイシードを絡ませると、
いつものポテトが少し大人な味わいに。

そのうえ、シュレッドしたミモレットをたっぷりかけて・・・・。

a0318644_1646874.png


みなさん、「とまらない美味しさ~!」と言って召し上がっていました。

a0318644_1647680.png


ウェルシュラビットというお料理は、
チーズの勉強をしていた頃に初めて知ったお料理でした。
その頃から、「ビールで溶かしたチーズにマスタード・・・どんなお料理だろ?」と
興味深々でした。

今回はThe Providoreのキッチンスタッフのオリジナルも加わって、
一味違うウェルシュ・ラビットが出来ました。

教室の様子の写真でもわかるように、
お一人様一杯のグラスワインに加え、
ワインを追加オーダーされる方が多かったです。

次回のブログでは、今月のチーズ教室のワインについてご紹介します。


よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-10-06 16:55 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

9月のチーズ教室のチーズ

9月のチーズ教室のテーマは「ハーブ、スパイスと共に楽しむチーズ」。

風味豊かなハーブやスパイスは、ほんの少しの量をチーズと合わせるだけで
チーズの味わいを際立たせたり、アクセントになったりと味わいの変化が楽しめます。

今回ご紹介したチーズはこれらの6種類です。

a0318644_22591512.png


まずはフレッシュチーズから「フロマージュ・ブラン」を。
こちらはそのままでも十分に美味しいのですが、
「セルヴィ・ド・カニュ」というハーブやスパイスと混ぜた一品にしてご用意しました。

a0318644_2312832.png


直訳すると「絹織職人の脳みそ」・・・なんて面白い名前のついたこちらのお料理。

ピリリとした刺激のあるエシャロットやシブレット、にんにくなどが入っていますが
クリーミーなフロマージュ・ブランとほんの少しの生クリームと合わせ、
バケットにたっぷり塗って頂くと、白ワインに合う爽やかなアペタイザーになります。

a0318644_233677.png


シェーブルからは「セル・シュール・シェール」をご紹介。
フランスの主にロワール地方ではシェーブルは数あれど、
これはほのかな甘みと酸味のバランスが良く最高傑作と言われるチーズ。

a0318644_236051.png


ディルやセージなどのハーブとの相性は良く、
オリーブオイルを垂らしてピンクペッパーを散らすと見た目も華やかに変身!

実は今までシェーブルは苦手でした・・・という方にも好評でした。
このチーズとハーブとの組み合わせ、今回の一番人気だったかも・・・。

a0318644_2375116.png


こちらは白カビチーズの「クロミエ」。

白カビチーズはそのミルクのコクや甘さがシナモンやナツメグと相性良し。
今回は意外な組み合わせとして、ゆず胡椒と共に試食も・・・・。
「案外合う!面白い!」なんて声も聞こえました。

a0318644_2313166.png


チーズそのものにハーブやスパイスがまぶされて熟成しているものもあります。

フランス、コルシカ島生まれの「フロマージュ・ドュ・マキ」。
チーズの周りにローズマリーとサリエットがまぶされています。

熟成すればするほどにハーブの香りが羊乳から造られたチーズに移って・・・・。
スパイシーな赤ワインを合わせたくなるチーズです。

a0318644_23164865.png


アミノ酸の結晶がたくさん見える、長期熟成のゴーダチーズ。
このジャリジャリ感、
皆さんから思わず「ひゃっほーい!!」なんて声が聞こえてきそうでした。

このままでも旨みがぎっしりで美味しいのですが、
マスタードやナツメグ、そして和の食材からは「ネギ味噌」とも。

このチーズ自体が「お味噌の様な旨みがある!」と言って下さいましたので、
ネギ味噌との相性もバッチリでした。

a0318644_2320235.png


そして最後はウォッシュチーズから「ラングル」をご紹介。

その最大の特徴である上面のくぼみにマール・ド・ブルゴーニュなどのお酒を注ぎ
熟成を楽しむ愛好家もいるこちらのチーズ。

味わいや匂いは意外と控えめで、シルキーな舌触りが後味をひきます。

a0318644_23231436.png


チーズも後半になると赤ワインを追加で注文される方も多く、
ハーブやスパイスがチーズの風味をさらに広げ、
お酒も進む味わい深いチーズに変身させてくれたようでした。

身近なハーブやスパイスも、また和食財との意外な組み合わせも、
自分なりの新しい食べ方の発見はチーズの認識をさらに広げてくれると思います。

バケットやクラッカーにチーズを一切れ・・・
そしてその上にゆず胡椒や味噌をちょこんと飾るだけでパーティシーンにも。

私自身も楽しく、美味しいテーマのチーズの教室となりました。
次のブログでは、お楽しみの「チーズを使った温かい一品」を紹介します。


よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-10-05 23:38 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

9月のチーズ教室、終了しました

昨日、9月のチーズ教室が無事に終了しました。
(1日だけ10月に入っていましたが・・)

a0318644_1912348.png


9月のテーマは「ハーブ、スパイスと共に楽しむチーズ」でした。

セージやディル、シブレットなどのハーブに、
クミン、キャラウェイシード、ナツメグなどのスパイス。
それに加え、柚子胡椒やネギ味噌など和食材との意外な相性もご紹介。

a0318644_1916153.png


普段から馴染みのあるスパイスやハーブを、
チーズに少し加えるだけで新しい味わいが楽しめるようになります。

a0318644_19224928.png


皆様、ワインを飲みながら
チーズの様々な味わいのバリエーションを楽しんでおられました。
「意外だけど合うっ!」
っていうお言葉、とっても嬉しいです。

a0318644_19252144.png


シェーブルにはセージやディルなどのハーブにオリーブオール、
そしてピンクペッパーが味わいを引き締めてくれます。

a0318644_1928777.png


今回のチーズ教室は、このところのヘイズの数値が高いことから、
開催場所の変更を検討しましたが、
やはり通常通りThe Providore Cafeにて行いました。

その連絡が直前となってしまい、皆様にはご迷惑をおかけいたしました。

また、The Providore Cafe内でもより快適にお過ごし頂けるよう、
3日間それぞれテーブルの配置を変えてみました。

皆様から頂いた感想や率直なご意見を踏まえ、
より楽しくより快適な時間をお過ごし頂けるチーズ教室にしていきたいと思います。

そして何より・・・・
今回は私自身が参加して下さった皆様によって助けて頂いた点が多く、
深く感謝するとともに、
「初心を忘れないでベストを尽くす」という原点を思い返した教室となりました。

a0318644_1943286.png


今後とも、チーズ教室をどうぞよろしくお願いいたします。

次回のブログでは、今月のチーズについて紹介します。


よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2015-10-02 19:43 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)