<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Burnt Ends でランチ

5月のチーズ教室に沢山の方々にご予約頂きまして誠にありがとうございます!
5月17日(水)にまだ若干お席がありますので
ご都合がよろしければ是非ご参加下さい。

ご予約はこちらから・・・The Providore

全日程満席となりました。ありがとうございました!

************************************

大人になってから、「ママ友」として知り合う他に
「友達」が出来る機会といえば
習い事や友達の紹介など色々とあると思いますが、
兎にも角にも「趣味が合う」ことや「気が合う」ことが
一番の条件だと思います。

もう半年以上前になりますが、友人の一人からランチのお誘い。
なんでも、
友達4人で予約したいお店のShef's Tableは
6人での予約しか受け付けておらず、
「おしょうさんと気が合いそうな友達ばかりだから是非ご一緒に!」
との事。

むむむ・・・6人のうち3人が初対面とな・・・・汗。
私のなかの人見知りな部分がムクムクと顔を出してきましたが、
そのお店は私もずっと行きたいと思っていた気になるお店。
結局私の食い意地の方が勝ち、6人でのランチとなりました。

向かった先は「Burnt Ends」。
なんせ、半年以上前の事なので既にうろ覚えなのですが、
その時のメニューを見て思い出しながら・・・。

a0318644_16554310.png
a0318644_16555650.png
細長い店内の半分を占める活気溢れるキッチンと、
その様子を眺めながらお料理を楽しめるカウンターテーブル。
Modern Australian Barbequeのお店との事ですが、
どんな感じなのか楽しみ。

私たちはお店の一番奥まった場所に1つだけあるShef's Tableへ。

a0318644_16560986.png
テーブルの上には予約してくれた友人の名前の入った本日のメニューが。
程なくしてスタッフが「今日のお肉です・・」と、大きなお肉を披露。
もちろん、6人分です!
この時点で皆のテンションアップ!!
お腹を空かせてきて良かった~。

a0318644_16562072.png
一品目は極薄く、
そして長ーくカットしたバゲットの上にタラマサルサを乗せたもの。
タラマサルサの塩気がちょうど良く、食欲をそそります。

a0318644_16563489.png

こちらはBeef Marmalade and Piclles。
トロトロに煮込まれたビーフのブルスケッタの様なものでした。
旨みと甘みの凝縮感が半端ない!

a0318644_16564665.png
続いてニンニクの芽をソテーしたものに
レモンゼストやハーブなどで味付けしたもの。
真ん中のクリーム状のものが何だったか忘れてしまいましたが、
サワークリームの様な爽やかなお味で、
シンプルなお料理ながらとても美味しかったです。

a0318644_10454361.png

4皿目はリークをグリルしたものにヘーゼルナッツをトッピングし、
ブラウンバターソースをかけたもの。

グリルしてトロトロになったリークって、
どうしてこんなに甘いんでしょう・・。
私にはやや強めのバターソースでしたが、
ナッツのカリカリした食感とのコントラストも絶妙でした。

a0318644_16565856.png

そろそろお腹も落ち着いてきたところでドーン!とグリルした鯛が一匹!

「炎の魔術師」なんて異名を持つシェフのお店だけあって、
外の皮はこんがり香ばしく、身はしっとりしていて美味しい。

美しく取り分けてくれているのは我らが肉番長、Tちゃん!

ここで、次のお料理の為にセットされたナイフを見て
一同心づもりをする・・・。
「次はいよいよ、あのお肉の登場だ・・・!」

a0318644_16571031.png

どかん!とお皿に盛られた45 Day Dry Aged Mayura OP Rib。
45日もドライエージングされたOP Rib・・・。
中が少しレア気味ですが、
それもこのお肉の一番美味しい焼き方なのでしょう。

a0318644_16572297.png
鋭いナイフを使ってお肉を切り、口に運ぶ・・・。
あ~・・・肉好きで良かった!

ボリュームはあるけれど、意外とあっさり食べられましたが、
さすがにお腹は満腹を超え、この2切れで十分満足でした。

a0318644_16574158.png
このお店は、これまでのすべてのお料理は大皿でドーンとサーヴされ、
テーブルでそれぞれがシェアするスタイルでしたが、
まさかデザートのベリータルトまで大皿でくるとは・・。

美味しいものを提供しつつ、
堅苦しくなく気取らないお店のスタイルを貫いていました。

初対面の方が3人もいる今回のランチでしたが、
お料理を楽しみながら話は弾み、「美味しいもの」の食の好みも似ていて
早速「次はどのお店に行こうか??」なんて事になるほどでした。

ただ、なかなか6人の予定を合わせるのが難しい!
なので3ヶ月先の「この日!」みたいに試行錯誤しながら合わせてます。

このメンバーで、すでに何度か他のお店にも行ったので、
また紹介して行こうと思います☆

Instagramも公開中☆ @fromageosho



[PR]
by fromage-osho | 2017-04-24 10:10 | レストラン(その他) | Trackback | Comments(0)

チーズのプレート

5月のチーズ教室に沢山の方々にご予約頂きまして誠にありがとうございます!
5月17日(水)、18日(木)にまだ若干お席がありますので
ご都合がよろしければ是非ご参加下さい。

ご予約はこちらから・・・The Providore

よろしくお願いいたします!

全日程満席となりました。ありがとうございました!
********************************************************************

先日チーズプレートのオーダーをお受けしました。
6,7人の持ち寄りパーティで、皆様お酒もご準備されているとか・・。

以前もオーダーを頂いたことのある方で、
今回はチーズとハム類の盛り合わせをご希望でした。

ブルーチーズも入れて、シェーブル以外のチーズを数種類とのリクエスト。

a0318644_10502989.png


コンテにマロワル、ブリヤ・サヴァランに
ウエストカントリー・ファームハウスチェダーなど。
手を伸ばしやすい様にカットして、見栄えが良くなるよう盛り付けます。

a0318644_10504556.png

a0318644_10505744.png

いつもThe Providoreのお店で作業するのですが、
私の七つ道具(?)はMy Cheese Knife、
チーズの名前を書く小さなプレート、そして敷紙。
他にもエプロンにチーズの空箱、油性ペン、自分の名刺も。

チーズナイフは鋭利で大きなものも鞄に入れてくるので、
その後の予定があるときなどは、
怪しまれない様にリネンなどで隠してます(笑)。

カットして盛り付けが終わり、カバーをかぶせる時は
「取りに来て下さる方に一番に喜んでもらえますように・・・。」と願います。

チーズプレートのオーダーは随時受け付けております。
日程の関係でお受け出来ない場合もあります事を御了承下さい。

受付はこちらから・・fromageosho☆gmail.com
(☆を@に換えて下さい)


どうぞよろしくお願いします。

Instagramも公開中☆ @fromageosho



[PR]
by fromage-osho | 2017-04-18 11:12 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

チーズを持って・・・

5月のチーズ教室に沢山の方々にご予約頂きまして誠にありがとうございます!
5月17日(水)、18日(木)にまだ若干お席がありますので
ご都合がよろしければ是非ご参加下さい。

ご予約はこちらから・・・The Providore

よろしくお願いします!

全日程満席となりました。ありがとうございました!




さてさて・・春休みやイースターホリデーがようやく終わり、
いつもの日常が戻ってきました。

ホリデー中は特に旅行に行くわけでもなく、
同じくシンガポールで過ごしている友人と
子供達を遊ばせたり、一緒にご飯を食べたり・・・。

のんびりしていた様で、意外と予定が詰まったりもして
充実した毎日であっという間に日が過ぎて行きました。

大抵、友人宅に集まるときなどは
何かおつまみになるものとワインを持参します。
そのおつまみが、私の場合はチーズであることがほとんどで、
集まる友人の好みを思い浮かべながらチーズプレートを作ります。

a0318644_13443373.png



この日はご近所に住むワイン好きなご夫婦、友人と共に。
タイプ別に4種類のチーズを選びました。

夜更け・・いや、明け方まで続いたワインの夕べ。
娘達はこのままスリープオーバー・・・。

a0318644_13444113.png

この日は元シンガポール在住で、今はバンコクに住む友人と再会の夜。
久しぶりに集まって、ワイワイ楽しんでいると
数年前に戻った感じ!

最後はこれ!

a0318644_13442471.png
友人のサプライズ・バースデーパーティに持参したもの。

このパーティのテーマが「祭り!」そしてテーマカラーは「赤」。
カマンベール・ド・ノルマンディに角切りにしたリンゴを挟み、
手作りの「祭り」ピックでデコレーション。

手前はミモレットのロールパイです。

その時のシチュエーションや集まるメンバーの好みなどを考えて
あれこれチーズをアレンジするのが楽しいところ。

季節のフルーツを添えても良いし、ハムやサラダとも相性よし!
さて・・次の集まりの時は何を持っていこうかな・・・。


Instagramも公開中☆ @fromageosho



[PR]
by fromage-osho | 2017-04-17 14:08 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

5月のチーズ教室のご案内

5月のチーズ教室の日程が決まりましたのでお知らせいたします。

5月のテーマは「フランスチーズをもっと知ろう!東部編」です。

a0318644_18330002.png

a0318644_18324966.png


フランス東部は山間でのチーズ造りの歴史が深いフランシューコンテ地方、
多くの修道院製のチーズがあるブルゴーニュ地方、
そして夏の間にアルプスの山々で
放牧された牛のミルクからチーズを作る事で有名な
ローヌーアルプ地方などがあり、様々な個性的なチーズが作られています。
それぞれのチーズの特徴を知りさらに奥深いチーズの世界を楽しみましょう!

☆日時☆

5月16日(火)10:30-12:30   満席になりました
  17日(水)10:30-12:30  満席になりました。
  18日(木)10:30-12:30   満席になりました
  23日(火)10:30-12:30  満席になりました
  24日(水)10:30-12:30  満席になりました

全日程満席となりました。ありがとうございました!

☆レッスンの場所☆

”The Providore Mandarin Gallery"


☆レッスン費☆

おひとり様  90ドル
(グラスワイン1杯、またはソフトドリンク、サラダ、パン付きです。)

☆クラス特典☆

レッスン当日、クラスにご参加頂いた方にはチーズをはじめ
 Providoreの商品を10%割引きでお買い求め頂けます。


☆持ち物☆

筆記用具・カメラなど


☆お申込み☆

The ProvidoreのHPの
Cooking StudioからCheese Classへ入りお申込み下さい

The Providore Cooking Studio


ご注意:お申込みの際に確認画面で右下のSubmitボタンを押して、
    予約を完了して下さい。
    予約が完了しますと自動的にThe Providoreから予約完了メールが届きます。
    もし、そのメールが届いていない場合は、
    予約は完了していませんのでご注意ください。


a0318644_18320033.jpg

来月も多くの皆様にご参加頂けます事を心より願っております。
どうぞよろしくお願いします。

Instagramも公開中☆ @fromageosho


[PR]
by fromage-osho | 2017-04-06 18:40 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)