Yu Pin Steamed Seafoodへ

以前のブログでも書きましたが、
美味しいものを探求したい、「食いしん坊女子チーム」の面々でいった
ローカル色の強いシーフードのお店のことを。
ちょっと面白いお店でしたのでアップしますね。

このメンバーは、お仕事をしていたり、妊婦さんだったり・・ということもあり
日々何かと忙しく過ごしているので
なかなか6人全員の予定を合わせるのが大変!

なので、1,2ヶ月先のこの日!みたいな決め方をするのもザラですし、
前日になって来れなくなったりすることも。
でも、良いのです。
来れる人だけで集まって、美味しいものを食べるのがモットー(?)なのです。

このお店は、我らが肉番長が「以前からすごく気になってたお店!」だそうで、
名前からして面白い「Yu Pin Steamed Seafood」というお店に集合。
肉番長も、たまにはシーフードが食べたくなるよね。

a0318644_15140328.png
「ローカル色の強いお店みたい-」という情報があったのですが、
着いてみると意外と(?)綺麗。

先に着いてたメンバーは鍋を囲む様に湾曲したソファ席で迎えてくれました。

a0318644_15144178.png
丸いテーブルの真ん中に鎮座する特製スチーム鍋。
色々な種類のシーフードを蒸して食べ、最後に雑炊まで楽しめるらしい。
「へぇー・・これで蒸すんだねー。」
「案外綺麗なお店だねー」
なんて言いながらオーダーを済ませ、店内をじろじろ見渡すも、
お客様は私たちのみ。
「大丈夫かね~・・・空いてるね・・・」なんて不安になってきたところに、
お店の方がスチーム鍋の蓋を開け、底の部分に生米を投入!

a0318644_15150088.png

なんと、スチームされて下に落ちたシーフードの水分で
最後には雑炊がいつの間にか出来てしまうという仕組み!
なかなか斬新です。

そしてここから、めくるめくシーフードのオンパレードが!!

a0318644_15154093.png

a0318644_15141910.png
一応、すべての具材のシーフードの写真を撮りましたが、
種類が多すぎて順番も何も覚えきれず・・・。

なのでだいぶ写真は割愛しましたが、それでこれだけの量が出てきます。
特製スチーム鍋の威力はすさまじく、蓋をすると数分で蒸し上がり、
熱々のところを特製だれに付けて頂きます。

最後の〆の雑炊まで、美味しく頂きました。
牡蠣やらロブスターやらも沢山食べたのにお値段も驚きの安さ!

「一度にこんなに沢山の魚介類を食べたのは初めてかも・・・・」
なんてお店を出て言いながらも、なぜか小腹が空いてきた私たち。
沢山食べても、もたれない!
これぞスチームのヘルシーなところ。

a0318644_15152419.png
歩いてすぐの、またまたローカル色の強いデザートのお店に入り、
マンゴーポメロサゴを一人一個ぺろりと完食。
熱々ごま団子まで追加して、お腹ホクホクで帰路につきました。

蒸したシーフードが何より好き!という方、お勧めです☆





[PR]
# by fromage-osho | 2017-07-07 15:41 | レストラン(アジアン) | Trackback | Comments(0)

Beniへ

京都では祇園祭が始まり、夏の賑わいを見せている頃でしょうね。
暑い・寒い!と言いながらも日本の四季はやはり素晴らしい。
シンガポール生活も6年目になると、特に恋しくなってきます。

こちらは夏休みが始まった学校が多く、
いつも元気な子供達が走り回っているコンドの庭も
なんとなく静かに感じます。

我が家は7月末から一時帰国する予定なので、
今はシンガポールでまったり・ゆっくり夏休み気分を味わっています。

ブログもすっかりご無沙汰をしてしまっていたのですが、
今まで撮りためた写真を整理しがてら
仕事だけでなく少しずつレストランの情報もアップして行こうと思います。

今日は、いつもチーズ教室を行っているMandarin Garelly内にある
フレンチレストラン「Beni」について。

去年に引き続き2017年もミシュランの1つ星を獲得したことで知られるお店。
The Providoreと同じフロアにあることもあり、
ずっと行きたいと思っていたお店の一つでした。

その密かな想いが通じたのか、ある事からBeniに通じる方と出会え、
まずはディナーに繰り出すことに。

このお店には何度か訪問済みの、センスバツグンの友人、
そして何があっても崩れない!知的美人の友人と一緒に。

a0318644_16143171.png

まずは、シャンパーニュで乾杯!していたところ
コースのはじめとして出されたのは日本茶(玉露だったかな?)!

意表を突かれましたが、甘みと旨みがギュッと詰まった最初の一口に
「French Fine Dinning Cuisine and Japanese produce」
というコンセプトが思い浮かびお料理への期待も高まりました。

a0318644_16141405.png
一つ一つのお料理は丁寧でどれも美味しく、
最後のプチフールを含むデザートまで、美味しく頂きました。

ただ、女子3人でお食事となるとじっくりトークも楽しみの一つ。
この夜はカウンターしか用意出来ないとのこと・・・。
カウンターだと3人では話づらく、なんとなく長居する気になれず
お食事が終わると早々に二次会となるべくお店へと向かいました。

a0318644_16144527.png

そんな教訓(?)もあったので、次に別の友人とランチに伺った際には
「テーブル席で!」というリクエストは忘れません。

このお店はカウンター席が殆どで、テーブル席は個室を除けば2席ほど・・。
全体的にこじんまりとしたお店なのです。

この日はめでたくテーブル席に着く事が出来、
またまた女子4人で盛り上がりました。

a0318644_10550379.jpg
テーブル席の方が写真も上手く撮れるのも事実です。
そして、この日も楽しく・美味しいランチタイムとなりました。

こちらのお店はお料理はもちろんですが、器が素敵で面白い!
日本の工房で特注したものやそれぞれに色の違うガラスのお皿などなど・・。
お料理を引き立てるお皿ってとても大事・・・と再認識。


実はお店に行ったのが今年の2月と3月と、ずいぶん前なので、
お味など細かい記憶はすでに曖昧・・・。
でも、日本人のシェフが織りなすしつこくないお味のフレンチと、
最後はエントランスに出て個々に挨拶をされるシェフの心意気は
記憶に残っています。

またしばらくしてメニューが変わった頃に訪れたいお店です。



[PR]
# by fromage-osho | 2017-07-04 16:52 | レストラン(フレンチ) | Trackback | Comments(0)

チーズとワインのディナーイベント@Luka終了しました!

先日、イタリアンレストラン「Luka」にて
チーズとワインのディナーイベントを行いました。

a0318644_15295547.png


ずらりと並ぶワイングラスに、出番を待つワインボトル。
お店のスタッフが、メニューひとつひとつに小さなお花を付けてくれました。


a0318644_15300260.png
a0318644_15302373.png

スターターに始まり、
アペタイザー、サラダ、リゾット、ピザ、メイン、そしてデザートまで。
そのすべてにチーズが使われています。

a0318644_15293141.png

チーズの説明の後、お料理に合うワインをソムリエが紹介し、
お料理をお楽しみ頂きます。

a0318644_15301248.png

圧巻だったのは、パルミジャーノ・リゾット!
炎を灯したグラッパでチーズの表面を軽くフランベし、
そこに熱々リゾットを入れ、絡めます。

a0318644_15304281.png

シェフのプレゼンテーションに、皆様立ち上がって撮影タイム!

a0318644_15305351.png

ワインは全部で6種類、プロセッコで乾杯の後、
白ワイン2種、赤ワイン2種、そしてオーストリアのデザートワインまで!

a0318644_15303445.png

いつもチーズ教室にご参加頂いている方に加え、お仕事帰りの方、
ご夫婦でご参加のカップル、そしてワインを勉強中のお仲間同士と
普段のチーズ教室とはまた違うお客様にお集まり頂きましたが、
皆様打ち解けるのが早い・早い!(笑)
とても賑やかに、
和気あいあいとした雰囲気のなかイベントを終える事ができました。

私にとってもチーズのディーナーイベントは初めてでしたが、
皆様チーズとワインと、そしてお料理をゆっくり楽しんでおられ、
普段よりも皆様との距離感がグッと近くに感じました。
チーズの事以外にも色々とお話が出来、私もとても楽しい時間でした。

「チーズ教室、是非土曜日や夜のクラスも開講して欲しいです!」
「今度一緒に飲みにいきましょう!」
などなど、嬉しいご意見も頂けました。

今回も多くの皆様にご参加頂きまして誠にありがとうございました!
これからもチーズの教室をどうぞよろしくお願いいたします!




[PR]
# by fromage-osho | 2017-06-19 15:47 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

チーズの基本と和のアレンジ講座@レストラン茜

昨日、日本人会の「レストラン茜」さんにて
チーズの基本と和のアレンジ講座」を開催しました。

a0318644_12523052.png

今回はチーズの基本的なお話をしたあと、フランスとイタリアから
3種類ずつ、タイプ別のチーズを合計6種類ご紹介しました。

それぞれのチーズの説明をした後は、
チーズを和のアレンジにして試食して頂きました。

まずはフレッシュタイプのチーズから「モッツァレラ」を。
お出汁の中で軽く煮て、湯豆腐風にアレンジ。

a0318644_12523838.png

その後はそれぞれのチーズと和食材の盛り合わせのお盆を皆様に。
ゆず胡椒や大葉、
とっても美味しい唐辛子味噌にお店特製のサツマイモけんぴまで
様々な和食材とチーズとの相性を探って頂きました。

a0318644_12520760.png

「どのチーズもとても美味しい!新しい発見がありました」
「ウォッシュタイプのチーズと唐辛子味噌の組み合わせは最高!」
「チーズにゆず胡椒が合うなんて・・早速やってみます!」
 など、様々な感想をお聞きできました。

チーズに合わせてワインも白・赤それぞれご用意。

a0318644_12522271.png

そして最後は「梅そうめん」でさっぱりと!

a0318644_12524695.png

「レストラン茜」さんは凜としていて清潔感漂う和のお店。
日本人だけでなく様々な国籍の方も
心から落ち着ける雰囲気のレストランにて
チーズ教室をさせて頂けて大変光栄に思います。

a0318644_12521520.png

マイクを使ってチーズの説明をするのは初めてで、
最初は慣れずに緊張しましたが、色々と質問もして下さり
とても和やかな雰囲気で終える事が出来ました。

チーズと和食材も、やってみると意外と合うのです!
今回ご紹介した以外にも、お醤油やわさびはもちろんさきイカなどの珍味まで
味わいの濃さや組み合わせのパターンを知ると
様々なアレンジが出来るのもチーズの奥深く面白いところです。

こういったイベントは、
様々な場所で今後も是非開催させて頂きたいと思っております。
さらに奥深いチーズの世界を一緒に楽しみましょう!

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。



[PR]
# by fromage-osho | 2017-06-14 12:57 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

6月のチーズ教室のワインとお料理

先週、全日程終了しましたチーズ教室のテーマは
フランスチーズをもっと知ろう!オーヴェルニュ・南部編」でした。

毎回、チーズの産地に合わせてワインを選んでおりますが、
今回は南仏プロヴァンス地方の爽やかなロゼワインをご紹介しました。

a0318644_14553347.png


試飲する前から、この四角いボトルに釘付けになり、
スタイリッシュで美しいその外観に惹かれました。

a0318644_19283512.png

プロヴァンス地方の夕日に染まる街並みの様な淡いサーモンピンク。
ピンクグレープフルーツやラズベリーなどの味わいの奥に
ハーブの香りも感じられるスッキリとした辛口のロゼワインです。

a0318644_14480925.png

チーズでは、特に前半に召し上がって頂いたSaint- Marcellinや
Roves des Garrigues、Fleur du Maquisとの相性はバツグン!

夕焼けの美しい景色を眺めながらアペリティフに飲むなんて時に最高ですし、
プールサイドで、BBQパーティの時に・・・など、
色々と合わせるシチュエーションが浮かびます。

a0318644_19295451.png

プレゼントにも最適なので、お教室後にお買い求め頂く方が多く、
実は日程の途中で完売してしまい、
急遽取り寄せた大人気のワインとなりました。

そして、チーズを使ったお料理。
お料理でも、「すっきり・さっぱり」を意識し、
洋なしのグリル・ロックフォールとくるみのサラダ仕立てを。

a0318644_14484621.png

レモンジュースなどで軽くコンポートした洋なしの表面に
バターを塗ってグリル。
ロックフォールチーズとくるみを散らし、
ルッコラも加えて爽やかなサラダに。

a0318644_14483012.png

「濃いチーズですがさっぱりと頂けました。」
「デザート風で美味しい!家でもやってみたいです。」
 など、様々な感想をお聞きしました。

余談ですが、
今回ほど「ワインのお代わり」をされた方が多かった会はありません!
すっきりとしたロゼの後に、白ワイン、赤ワイン、ロゼワインのお代わり、
はたまたクラフトビールに至るまで・・・。
皆様、美味しそうに飲む・飲む!(笑)

a0318644_14493099.png

テーブルがよりいっそう賑やかになり、会話も弾む楽しい会となりました。

今回も多くの皆様にご参加頂けました事を心より感謝いたします。
本当にありがとうございました!

The Providoreで行うチーズ教室の次回開催は9月を予定しております。
これからもチーズ教室をどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
# by fromage-osho | 2017-06-13 15:01 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)