人気ブログランキング |

Pop Up Japon at The Providore

今月のチーズ教室も、一週間後に迫ってまいりました!

いつもチーズ教室を開催する際には、
まずテーマを決めて・・。
テーマに添ったチーズを5,6種類決めて・・。
そのチーズに合いそうなワインを決めて・・。
チーズを使ったお料理を決めて・・・。

この順番が前後することもありますが、
大体このように決めてから、
それぞれのチーズに合わせる食材を考え、
「あーでもない、こーでもない・・」が始まります。

今月のチーズ教室のテーマは
「ロゼワインと共に楽しむ季節のチーズ」ですので
当然ロゼに合い、なおかつ今が食べ頃のチーズを選びます。

チーズは、オーダーしても直前になって
「入荷出来ませんでした(涙)」なんてこともよくあり、
その都度他のチーズで考えなおしたり、また1からのやり直し。

今回、特に手こずっているのが、実はロゼワイン。
今まで、赤ワインや白ワイン、スパークリングワインにビール、ウイスキーと、
様々なお酒と友に楽しむテーマでもチーズ教室を行ってきましたが、
今回はそのシリーズの最終章としてのロゼワイン。

チーズにも合わせやすく、
また午前中から始める教室なので、あまり強すぎない、
そして私の思っているイメージに合うロゼワインを探して・・・。
皆様にも気に入って頂ければ嬉しいのですが・・。

さてさて、
先週The Providore DowntownでPop Up Japonが開催されました!

朝から多くの方で賑わい、皆様お買い物を楽しまれている様子でした。
アクセサリーやバッグ、子供服に素敵雑貨などどれもセンスの良いものばかり!
私もお手伝いをかねてThe Providore のブースにおりましたが
ついお財布片手にお買い物をしてしまうほどでした。

The Providore のデリコーナーではこのPop Up Japon開催中に限り、
ラクレットチーズの販売を行いました。

a0318644_11480654.jpg
a0318644_11473997.jpg

チーズの焼ける香ばしい香りにトロトロチーズがたまらない!
ワインの試飲も行っていたので、ワインと共にラクレットを楽しまれている方もいましたよ。

a0318644_11474975.jpg

イベントになるとたびたび登場するラクレット、
またの機会にぜひ食べてみて下さいね!


***********************************
9月のチーズ教室、参加者募集中です!
テーマは「ロゼワインと共に楽しむ季節のチーズ」です。

9月24日(火) 10:30-12:30
25日(水) 10:30-12:30
26日(木) 10:30-12:30 満席になりました
27日(金) 10:30-12:30 満席になりました

詳細、お申し込みはこちらよりお願いします☆


************************************




# by fromage-osho | 2019-09-16 12:17 | チーズのこと | Trackback | Comments(0)

9月のチーズ教室のお知らせ

こんにちは。
9月のチーズ教室の日程が決まりましたのでお知らせします!

9月のテーマは「ロゼワインと共に楽しむ季節のチーズ」です。

a0318644_11271807.png

春から初夏の間に仕込まれ、数ヶ月の熟成を経たチーズも
秋の訪れと共に食べ頃を迎えます。
今回は特に発酵食品との組み合わせもご紹介します。
ロゼワインと共に新たなチーズの魅力を発見しましょう!

☆日時☆

9月 24日(火) 10:30-12:30  
   25日(水) 10:30-12:30
   26日(木) 10:30-12:30   満席になりました
   27日(金) 10:30-12:30  満席になりました

☆レッスンの場所☆

”The Providore Downtown Gallery"
6 Shenton Way Singapore 068809, Tower 2 - Basement 1


☆レッスン費☆

おひとり様  90ドル
(グラスワインまたはソフトドリンク、サラダ、パン付きです。)



☆クラス特典☆

レッスン当日、クラスにご参加頂いた方にはチーズをはじめ
The Providoreの商品(一部を除く)を10%割引きでお買い求め頂けます。

*今回より2杯目以降のグラスワインが$12となります。
 あらかじめご了承下さい。

☆持ち物☆

筆記用具・カメラなど


☆お申込み☆

ご予約、詳細は下記のサイトからご確認下さい。


a0318644_11275890.png


9月に入り、四季のある国からのフルーツや野菜にも
秋を感じさせるものが少しずつ増えてきましたね。
シンガポールは年中暑く蒸し蒸しとした湿度も感じますが、
さわやかなロゼワインと共に今が旬のチーズを楽しみましょう!

今月も多くの皆様にご参加頂けます事を心より願っております。
どうぞよろしくお願いいたします!


# by fromage-osho | 2019-09-02 11:31 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

The Providore Paya Lebar Quater がオープン!

久しぶりの投稿です!

皆様、夏休みは如何お過ごしでしたでしょうか?
今回は、いつもチーズ教室を開催しているThe Providoreが
新しい店舗をオープンしますので、そのお知らせです☆

場所は、MRT Paya Lebar 駅の目の前、Paya Lebar Quaterです!

a0318644_11144513.png
オープニングパーティーにお邪魔してきましたが、
遠くからでも分かるお店の熱気と賑わい!

a0318644_11162308.png
a0318644_11164641.png
a0318644_11170264.png
この日は関係者や招待客しか入れないパーティでしたが、
それでもすごい人!

ワインやビールを片手に皆が楽しそうにワイワイ過ごしてました。
The Providore Paya Lebar Quaterは店内のテーブルやカウンター席に加えて
開放的な広いテラス席があるのが特徴。

駅からのアクセスも良く、
周りにはオフィスビルやショッピングモールなどもあるので
昼間の太陽の下でのランチやビールから、
夕方の仕事帰りのワイン、
週末の家族連れなどで賑わいそうです。

a0318644_11171611.png
スタッフが用意したチーズやハムのプレートは大人気!
出しても出してもどんどん無くなっていく程でしたよ。

The Providoreとしては
初のイーストエリアへの出店となるPaya Lebar Quater店。
お近くにお住まいの方も、そうでない方も是非足を運んでみて下さいね!
Grand Openは8月30日(金)です!

************************************

また、近日中に次回のチーズ教室のお知らせもしたいと思います☆
9月のチーズ教室も、どうぞよろしくお願いいたします!!

# by fromage-osho | 2019-08-29 11:33 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

5月のチーズ教室のお料理とワイン


5月のチーズ教室のテーマは
さわやかに楽しむ春と初夏のチーズ」でした。

このテーマでまず頭に思い浮かぶのが山羊のミルクで造られるシェーブル。
さわやかな酸味、ミルクの甘みとコクが楽しめるチーズですが
独特の香りに、好き嫌いが分かれるチーズでもあります。

a0318644_11155725.png
a0318644_11202149.png
今回はソフトなタイプのシェーブルと
むっちりとした食感のセミハードタイプのシェーブルをご紹介しました。
また、チーズを使ったお料理にもシェーブルを使ったお料理をお出しし、
同じシェーブルでも熟成期間、製造方法の違い、
またお料理に使った場合の味わいの違いを比較していただきました。

お出ししたお料理は「シェーブルと洋なしのパイ」です。

a0318644_10512790.png

パイ生地にスライスした洋なしを並べシェーブルを散らし、
パルマハムを乗せてオーブンへ。
デザートのような甘いパイではなく、
あくまでも食事として楽しめるパイを目指しました。

a0318644_10510966.png

パイはチーズ教室のこのお料理の為だけに
The Providoreのパン職人さんが毎朝焼きたてを用意してくれました!

a0318644_10514388.png
シェーブルは好き嫌いがあるので控えめに乗せるようリクエストしましたが
お好きな方はたっぷり乗せて焼いても美味しいと思います。

また、今回のチーズに合わせたワインは
Pouilly-Fume 2017 Domaine A Cailbourdin」。
シェーブルとの相性が特に良いフランスはロワール地方の白ワインです。

a0318644_10503314.png

グレープフルーツやパッションフルーツなどのさわやかな香りの奥に
白い花のブーケのような華やかな香りも。
りんごのしゃきっとした爽快感にはちみつレモンのようなさわやかな甘み
さわやかな酸味にすっきりと楽しめる白ワインでした。

a0318644_10505752.png
a0318644_10564058.png

「ワイン、美味しいー!Fetaやシェーブルにすごく合う!」
「飲み応えのあるソーヴィニョンブランで大好きな味!」
「普段はあまり白ワインは飲まないけれど、これは買って家でも楽しみたい。」
などの感想を頂き、教室の後に購入された方も多くいらっしゃいました。

a0318644_10561841.png
チーズ教室が始まる前はいつも緊張します。
何年続けていても、こればかりは・・・慣れません(汗)!
落ち着いて~と自分に言い聞かせながら話し始めます。

そんな私はいつも、皆様の笑顔に助けられています。
お隣のお友達との談笑でも、「美味しい!」の笑顔でも、
どんな笑顔でも、楽しんで頂けていると実感し嬉しい気持ちになります。

次回のチーズ教室は9月か10月頃を予定しております。
引き続き皆様にご参加頂けますことを心より願っております。
また皆様の素敵な笑顔に会えますように・・。




# by fromage-osho | 2019-05-23 11:07 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

5月のチーズ教室のチーズ

5月のチーズ教室のテーマは
さわやかに楽しむ春と初夏のチーズ」でした。

春から夏にむけて食べ頃を迎えるチーズを6種類ご用意しました。
まずは皆様にお馴染みのギリシャのチーズ「Feta」。

a0318644_11142532.png

古代ギリシャからほとんど進化していない貴重なチーズ。
真っ白でぽろぽろとした食感があり、やや塩味が強いのが特徴です。

FetaはFetaでも今回は大変貴重なFetaをご紹介!
なんと、ブナの樽のなかで熟成するという伝統的な作り方をされたFetaです。

a0318644_11143625.png

The Providoreでこの樽を一本買い!!
スタッフが樽を壊し、中のぎっしり詰まったFetaを切り分けてます。

a0318644_11150130.png

羊乳のコク、山羊乳の酸味、そして程よい塩味・・・。
今まで味わったFetaの印象とはまたひと味もふた味も違うFetaです。

a0318644_11144887.png

今回は爽やかにスイカやミント、ライムを添えて・・・。

a0318644_11151021.png

続いて春と言えば・・・シェーブルの季節!
そのなかから「Saint-Maure de Touraine」をご紹介。

a0318644_11155725.png

両端で太さが微妙に違う薪のようなカタチをしたチーズ。
中に一本通った藁は型崩れ防止や通気を良くするという役割もあります。

a0318644_11162259.png

熟成が一ヶ月以上経ち、表皮の周りがトロトロに熟成した状態で
円柱のカタチを保っていられなくなってます・・・美味しそう!

山羊乳のクリーミーなコク、ほのかな酸味、とろける食感が大好評!
今回はオリーブやローズマリーと共に爽やかに召し上がって頂きました。

a0318644_11175430.png

次はイタリアの最古のチーズ「Pecorino Romano」。
(お出しする食材のタイミングに合わせて紹介順が前後した日もあります)

a0318644_11182650.png

2000年以上前から作られてきた歴史の古いペコリーノ・チーズ。
数あるペコリーノのなかでも塩味が断トツに強いのが特徴です。

a0318644_11185038.png

その塩味を生かして、削って・すり下ろしてお料理のトッピングに!

a0318644_11191024.png
a0318644_11193081.png


春の到来を感じさせる空豆に乗せて食べたり、
クリームソースのパスタにトッピングしたり。
塩味とチーズのコクをプラス出来る、万能調味料としても重宝します。

次は、シェーブルでもハードタイプのチーズ「Tomme de Chevre」。

a0318644_11202149.png

むっちりとした歯ごたえ、繊細な甘みやほのかな酸味、深いコク。
マイルドで干し草のような香りも楽しめる、飽きの来ないチーズです。

a0318644_11204198.png

そのままでも、またジャムを付けてもさらに食べやすく。
今回はドライフィグ、そして無塩バターと共に試食して頂きました。

「チーズにバターを合わせるなんて初めてだけど意外と合う!」
「シェーブルは苦手だけどこれは香りも控えめで美味しい。」
などの感想を頂きました。

つづいてクリーミーな牛乳製のチーズ「Fougerus」。
ブリ・ド・モーと同じ地方で造られている白カビチーズ。
上にシダの葉を乗せて、
チーズに香りを移して食べることを好んだ地元の人たちのオリジナルチーズです。

a0318644_11211742.png

こちらのチーズも切り口から流れ出そうな熟成具合。
生地はなめらかでミルクのコクとデリケートな酸味とのバランスが良いチーズです。

a0318644_11170737.png

白カビチーズはリンゴとの相性がバツグン!
今回はリンゴのコンポートとクルミをのせて・・。

a0318644_11212699.png
a0318644_11214521.png

最後にアイルランドのブルーチーズ「Cashel Blue」を。

a0318644_11224808.png

新しいチーズを造りだそうとする熱意のある酪農家が多い土地でもあるアイルランド。
このCashel Blueも、伝統的なチーズStiltonの製法を踏まえ
より新しく、もっとカジュアルにも楽しめるチーズとして誕生し、人気が出ました。

a0318644_11230599.png

シンプルなビスケットに乗せてミルクティーのお供にも・・・。
今回は白いちじくのジャムと共に。。。

a0318644_11231549.png

もっと爽やかにブルーチーズを楽しみたい時は、
キュウリの中に埋め込んで一晩冷蔵庫へ・・・。
浅漬けのような食感とブルーチーズのクリーミーさが絶妙の簡単おつまみも!

a0318644_11235294.png
食べ頃を迎えたチーズはそのまま食べてももちろん美味しい!
そのチーズを爽やかに召し上がって頂く工夫として
様々な食材との食べ合わせをご提案しました。

実はPecolino Romanoに合わせて、
一口サイズのクリームソースのパスタをキッチンにお願いしていたのですが
それが出てくるタイミングとチーズのご紹介を合わせるのが一番難しく
途中でご紹介の順番を変えたりとバタバタした場面もありました(汗)。

チーズ教室が終わったら毎回反省会・・・。
一人で静かに・・・の時もあればスタッフを交えての時もあり・・・。
「次はより良いチーズ教室にしてお客様に喜んで頂きたい!」という思いでいます。

今回も多くの皆様にご参加頂きまして誠にありがとうございました!

次回のブログでは今回お出ししたワインとお料理についてご紹介します☆


# by fromage-osho | 2019-05-22 11:39 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)