チャイナタウンの渡邊珈琲店へ

ワタクシ、紅茶はもちろん大好きなのですが、
コーヒーも毎日飲んでいます。

朝はカフェオレに始まり、午後のちょっと一時タイムに・・・・。
忙しくてランチの時間が取れない時は、カフェラテのテイクアウトでで済ませてたり・・・。

そんな乱暴なコーヒー人生(?)を送る私に、
「渡辺珈琲店」さんから試食会のご案内を頂きました。

a0318644_12424493.png


a0318644_12433048.png


場所はMRTチャイナタウン駅に直結した
チャイナタウンポイントというモールの地下一階にあります。

お店に入るとまず目に飛び込んでくる江戸切子のディスプレイタワー。

a0318644_12463080.png


周りにはおなじみのお店も多く、週末は沢山の人で賑わうモールですが、
お店の内装や雰囲気はとっても落ち着きがあって素敵。
歩き疲れた時に、ちょっと休んでいきたくなるようなお店です。

こちらのお店は珈琲店ですので、もちろん珈琲にはこだわりがあります。

a0318644_12491315.png


見た目にも興味深いサイフォンで、丁寧に珈琲を抽出してくれます。
修行をつまれた職人、ファイザルさん。真剣な目つきです。

a0318644_12541884.png


お店のマネージャーでいらっしゃる藤枝さんによりますと、
珈琲を抽出したあと、豆がこのように山になって残るのが、
美味しい珈琲をいれた証。
修行を積んだ人のなせる業です。

a0318644_1256587.png


珈琲の色はそれほど濃くはありませんが、なんだか輝いて見えます。
鼻に抜ける豆の香ばしさと、ビターチョコを思わせるコクと余韻。
「はぁ・・・美味しい・・・」と思わず背もたれに寄りかかりました。

こういった本格的な珈琲が飲めるお店なので、さそかし敷居が高いのかと思いきや、
こちらのお店のコンセプトはあくまでも「日本の喫茶店」。
なので、奥に見えております懐かしのクリームソーダなんてメニューもあります。
でもアイスは北海道産の牛乳で作るアイスだそうです。
文句なしに美味しく、思わず笑みがこぼれます。

そして、美味しい食事も提供されている渡邊珈琲店。
看板メニューでもあるオムライスを試食。

a0318644_134289.png


トロトロ卵の乗ったオムライスに、デミグラスやミートソースなどがかかっています。
中身は懐かしのケチャップチキンライス。

お店で使われている卵はすべて低温殺菌された安全性の高い卵のみ使用。
なのでここシンガポールでもこのトロトロ卵を美味しく頂けるのです。

オムライスにミートソースをかける発想は私には初めてで面白く、
私はこちらの方が好みでした。

a0318644_1375379.png


こちらも人気メニューのハンバーグ。
保温性に優れた南部鉄器に乗せてサーヴしてくれるので熱々!
こちらは和風おろしソースとデミグラスソースがあります。
少々味が濃いめなので、ご飯と共にがっつり頂きたくなります。

オムライスとハンバーグはランチセットメニューにもなっており、
マッシュルームスープ、ミネストローネ、サラダのいずれかのセットで
お得に食べられます。

a0318644_13144263.png


ワタクシ、個人的にはこのナポリタンが一番好きでした。
セモリナ粉を使った生パスタを使用したモッチモチのパスタ。
そのパスタに自家製トマトソースが絡んでもうっっ!
これを書いている今、また食べたい!と思わせるあのモチモチ感・・・・。

他にもパスタは明太子ソースや和風ベジタブルなどもあり、
パスタもランチセットメニューで頂けます。

a0318644_13185821.png


美味しいお食事を、試食と言いながら色々と食べさせて頂いて、
食後に何かお飲み物など~・・・・?と聞かれ、私が選んだのが
アイスフロートコーヒー。

a0318644_13221148.png


渡邊珈琲店で出されるアイスコーヒーは、
8時間かけて丁寧に丁寧に作られる水出しコーヒー。
なんと8時間もかけて、やっと10杯分できるそうです。

黒糖の様なコクとほんのりとした爽やかな苦み。
そのアイスコーヒーにこだわりのソフトクリームが乗ったのですから
それはそれは美味しかったです。

a0318644_13253127.png


お食事されない方にはデザートも充実していましたよ。
苺や抹茶のロールケーキに懐かしいお味のプリン、そして小倉トースト!
初めて食べましたが餡とクリームのベストマッチでペロッと食べてしまいそう。

a0318644_13282669.png


そして圧巻の厚切りトーストのパフェ!
もう私の説明は要らないと思いますが、期待通り、いえ、それ以上の美味しさでした。

こちらのお店には平日の昼間にお邪魔しましたが、
二人でゆっくり珈琲を飲みながらお話ししているカップル、
パソコンで仕事でもしながらスイーツをつまんでいる方などなど・・・・。
とにかくみなさん寛いでおられました。

あくまでも「日本の喫茶店のメニューにこだわる」とおっしゃる藤枝さん。
紳士な態度で誠実に対応して下さいましたが、内に秘めた熱いものを感じました。

こだわりのサイフォンで抽出された珈琲は、人の淹れた温かさまで感じましたし、
食材から吟味してつくられた食事やデザートは、どれもとても美味しかったです。

でも私はやはり珈琲が美味しかった!
そして、絶対にまた食べたくなるナポリタンスパゲッティを求めて、
近々お店に向かうことでしょう。



渡邊珈琲店

133 New Bridge Road
#B1-15
Chinatown Point Singapore
059413

Tel: 6444-7646

https://wwwfacebook.com/WaCafe.asia

*こちらのブログを見たと言って来店されたお客様に
 ソフトクリームをサービスして下さるそうです。(2014年5月末までです。)
 お店のFBへのチェックインもして下さると嬉しいとのことです☆

[PR]
by fromage-osho | 2014-04-28 10:09 | レストラン(その他) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cheeseosho.exblog.jp/tb/19723947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< デリス・ド・サンシールというチーズ チーズ教室でハチミツを・・・ >>