10月のチーズ教室のチーズ

10月のチーズ教室のテーマは
フランスとスイスの山のチーズを楽しむ」でした。

もともと私自身も「山のチーズ」が大好きなだけあって、
数ある山のチーズの中から皆様にご紹介したいチーズを選ぶのに苦労しましたが、
フランスから3種類、スイスからは2種類をご紹介しました。

まずはフランス・ボージュ山脈一帯で作られている
Tomme des Bauges」をご紹介しました。

a0318644_16201343.png

伝統的な夏期放牧が盛んで120日以上の放牧が義務付けられている由緒ある「トム」。

ごつごつとした表皮とは裏腹に中身は優しいアイボリー色。
ミルクの優しい甘みとマイルドながら味わい深い旨み。

a0318644_16211009.png
a0318644_16290385.png

whole wheatのクラッカーやジャムを付けて食べると朝食にも最適!
皆様にも好評でした。

次はスイスのエクストラハードタイプのチーズ「Sbrinz」。

a0318644_16205055.png

長期熟成させるチーズなので、「超硬質」!
薄ーく削って食べると、
アミノ酸の結晶の凝縮した旨みを存分に味わえます。
Sbrinz専用のカンナが存在する程の堅さ!

a0318644_16212519.png

塩分も程よく、旨みもたっぶり!
パルミジャーノに比べると、
後味がスッキリしていて食べやすいチーズです。

a0318644_16223594.png
a0318644_16263848.png

今回はブドウ、そして変わり種として「海苔」と食べ合わせて頂きました。
「海苔、意外だけどめっちゃ美味しい!」
「焼き海苔より味付け海苔のほうがこのチーズの旨みと合う!」
などのご意見を頂きました。

続いてフランスのブルーチーズ「Blue de Gex」。

a0318644_16225315.png

ホールの状態だとブルーチーズとは思えない、
お供え餅の様な外観。
切ると大理石模様の様なブルーが広がる貴重なチーズです。

a0318644_16231236.png

もともとこのチーズは生産量がそれほど多くないので
あまりお店では見かけないチーズ。

ブルーの風味が強すぎず、
木の実のようなコクとミルクの優しい味わい。

そのまま食べてもムッチリとした食感を楽しめますが、
お好みでハチミツをかけて・・。
このチーズは後ほどチーズフォンデュとしてもお楽しみ頂きました。

次はお待ちかねの「Mont d'Or」。
言わずと知れた、季節限定のトロトロチーズです。

a0318644_16234283.png

「チーズの真珠」と賞賛されるにふさわしい外観と味わい。
エピセア(もみの木の一種)の香りがチーズにふんわりと漂い、
とろける食感と口いっぱいに広がるミルクの甘みとコクに酔いしれます。

a0318644_16235208.png
a0318644_16243132.png
サラミやハム、コルニションでアクセントを付けて・・・。
スプーンですくうと「わー♥」と歓声があがるチーズです。

a0318644_16304724.png

最後に今回のスペシャルチーズ「Appenzeller」をご紹介。

a0318644_16253231.png

なにがスペシャルかと言いますと、
スイスで大人気のAppenzellerのなかでも熟成期間が最も長く、
特別に配合されたハーブや白ワインで洗いながらじっくり熟成された
紫ラベル」だからです!

a0318644_16260365.png

私自身も「紫ラベル」のAppenzellerを食べたのは今回が初めて!

複雑で深い味わいに長い余韻。
チーズのなかにも熟成の進んだ旨みを感じられる、
貫禄十分のまさに特別なチーズでした。

a0318644_16315814.png

このチーズはこのままでも十分に美味しいのですが、
今回はトリュフマスタードや黒胡椒と共に・・・。

赤ワインが止まらなくなる、秋冬に食べたいチーズでした。

「山のチーズ」と一口に言っても、
味わい深いものからあっさり食べやすいものまで様々です。
数ある「山のチーズ」から5種類をお楽しみ頂き、
「山のチーズ」の奥深さを少しでも感じて頂けたなら幸いです。
ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました!

次回のブログでは、今回お出ししたワインとお料理についてご紹介します☆





にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2018-11-09 16:38 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cheeseosho.exblog.jp/tb/238849895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 10月のチーズ教室のお料理とワイン 10月のチーズ教室、無事に終了... >>