人気ブログランキング |

11月のチーズ教室のチーズ

なんとか無事に画像も取り込めたので(汗)、
11月のチーズ教室のチーズをご紹介します☆

11月のチーズ教室のテーマは
シャンパーニュと共に楽しむチーズのパーティフード」でした!

まずはすらりと高いピラミッド型のシェーブルチーズ
Pouligny-Saint-Pierre」。

a0318644_11182160.png

生産指定区域が狭い為、他のシェーブルに比べて生産量の少ないチーズです。
真っ白な表皮に特徴のあるカタチ。

a0318644_11174214.png

4~6週間ほど熟成したものは、酸味とミルクのコクとのバランスが良く、
濃厚な味わいが口に広がります。

a0318644_11180980.png

今回はジャガイモのガレットの上にのせ、スモークサーモンと共に
カナッペ風にアレンジして頂きました。

a0318644_11321893.png

a0318644_11172311.png

「シェーブルは苦手ですが、これは美味しく感じる。」
「ジャガイモのガレットのカリカリした食感とチーズが合う!」
などの感想を頂きました。

続いて、パーティには欠かせないハレの日のチーズ「Brie de Meaux」。

a0318644_11212624.png

姿も味も香りもバランスが取れた洗練されたチーズ。
「チーズで出来たお菓子」とも賞されています。

a0318644_11223321.png

そのままでも十分に美味しく、品のあるチーズですが、
今回はSourbread Crisp Breadをベースにして、
パルマハムやリンゴのスライス、ルッコラやブドウなども使って
チーズのクリスマスリースを作って頂きました。

a0318644_11195811.png
a0318644_11194239.png
a0318644_11220382.png
a0318644_11210788.png
a0318644_11205088.png
「センスが問われるけど楽しいかも~!」
「Brieのコクとリンゴの酸味がすごく合う。」
など、皆様楽しく盛り上がりながら仕上げていらっしゃいました。

次はスイスのセミハードチーズ「Tete de Moine」。

a0318644_11235030.png

表面を塩水で洗いながら熟成させるので、表皮の香りはやや強めですが、
ジロールという専用の削り機を使うと花びらの様に薄ーく削れるので
フワフワとした食感とチーズのコク、十分な余韻を楽しめるチーズです。

a0318644_11241517.png

今回もGold LavelのReserveをご用意。
4ヶ月以上熟成させたTete de Moineは
さらに深い味わいとコクが楽しめます。

a0318644_11242798.png

今回はチーズのフリルに合わせて、フリルレタスをご用意。
レタスをローストビーフで巻き、
フワフワに削ったチーズをトッピングしてブーケの様に!
ローストビーフに添えたオニオンジャムが味わいのアクセントです。

a0318644_11240573.png
a0318644_11251062.png

「チーズにコクがあるのでお肉に合う。」
「このオニオンジャムがいい味出してる!買って帰りたい!」
など色々な感想をお聞き出来ました。

ここからはグッと味わいが濃くなり、デザートに近づいていきます!
まずは「高貴なブルーチーズ」と評価の高い「Fourme d'Ambert」。

a0318644_11262347.png

ブルーチーズの中では
ブルーの部分の刺激も少なめでミルクの甘みとのバランスが良く、
そのままでも、お料理やお菓子の材料にも広く使えるブルーチーズ。

a0318644_11260748.png

今回は真ん中をくりぬき、そこにフィグとクルミのベーストを入れて
アレンジしたFourme d'Ambertの上に
クリスマスケーキをイメージしてチェリーのキルシュ漬けをトッピング☆

このチェリーのキルシュ漬けは
The Providoreのパティシエが自ら仕込んだオリジナル。
普段は細かく刻んで生クリームと合わせ、ケーキに使うそうですが、
この美味しさに惚れ込んだ私がリクエストして
チーズとのコラボが実現しました☆

a0318644_11342212.png

ブルーチーズとの相性も良く、
見た目も華やかなスペシャルチーズとなりました。

最後はチーズのデザート「Brillat Savarin au Papaya」。
フレッシュタイプのBrillat Savarinの周りにパパイヤがまぶしてある、
見た目にもデザートらしい華やかなチーズです。

a0318644_11182160.png

真っ白なチーズケーキの様な生地に鮮やかなパパイヤ。
リッチで濃厚なミルクの味わいにほんのり甘いパパイヤがマッチして、
「もうチーズケーキは作らない!」
と言わせてしまうほどの味わいです。

a0318644_11273146.png

The Providoreのパン職人さんに特別にお願いして、
毎朝焼きたてのパイを用意してもらいました。

a0318644_11282745.png

サックサクのパイにBrillat Savarin au Papayaをサンドして・・・。
これは文句なしの美味しさです♥

a0318644_11275178.png
今回は比較的手に入りやすく、ベーシックなチーズを選び、
そこからクリスマスなどのパーティアレンジを考えご提案しました。

特にシャンパーニュなどのスパークリングワインに合わせるには、
カリカリとした食感やシュワシュワとした喉ごしをチーズにプラスすると
相性が良くなります。

a0318644_11551202.png

お菓子作りに自信のある方はシュー生地を焼いてチーズに合わせても良いし、
リンゴやブドウを生のフィグやドライトマト・バジルに換えてもGood!
今回のチーズ教室をヒントに
皆様のオリジナルのチーズアレンジでお客様をもてなして、
素敵なパーティシーズンを楽しんで頂ければ、大変嬉しいです!

今回も沢山の皆様にご参加頂きまして本当にありがとうございました!

次回のブログでは、今回のチーズを使ったお料理やワインについて
ご紹介します☆






にほんブログ村
by fromage-osho | 2018-12-04 11:55 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cheeseosho.exblog.jp/tb/238888657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 11月のチーズ教室のワインとお料理 11月のチーズ教室が無事に終了... >>