2014年 06月 27日 ( 1 )

セパレート・ティ

日本では簡単に手に入るのに、
ここシンガポールでは何故か見つからないものってありますよね。

私にとってはまさにこれがそう。
「ホワイトグレープフルーツ」。

ピンクやルビーは通年スーパーで見かけるのにホワイトは見かけない。
それならばいっそ、
「グレープフルーツジュース」で代用しようにも、これまた見かけたことがない・・・。

ところが先日、偶然見つけました!
ルビーのグレープフルーツの山の中に、なぜか2個だけホワイトとおぼしきものが。
中身はもしかしてルビーなのかも・・・とも思いましたが、2個とも購入。
半分に切ってみると・・・・

a0318644_14293097.png


良かった!ホワイトでした。

スーパーのレジの方も、いつもと違う外皮のグレープフルーツだからか、
「あらっ、この色おかしいわね・・・・ねえ、これはポメロ?それともグレープフルーツ?」
なんて他のレジの方に確認してました。

どうしてここまでホワイトにこだわるのかというと・・・。

a0318644_14361870.png


グレープフルーツのセパレートティを作りたかったのです。

以前のチーズ教室では、最初にアイスティを作ってお出ししていたのですが、
どうしてもホワイトグレープフルーツが見つからず、結局断念したのでした・・・・。

なぜホワイトが良いかというと、
こうやってセパレートした時の色のコントラストを楽しみたいから。
ピンクやレッドでは、紅茶の色とあまり変わらなくてセパレートした感が薄いのです。

ぱっきりセパレートさせる為には、
紅茶に砂糖を多めに入れて比重を重くするのがコツなのですが、
グレープフルーツの酸味でとっても爽やかに飲めるアイスティーです。

久しぶりに作って、写真を撮ったあと、一気に飲み干してしまいました。




よろしくお願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
[PR]
by fromage-osho | 2014-06-27 14:42 | 紅茶のこと | Trackback | Comments(0)