11月のチーズ教室のワインとお料理

11月のチーズ教室のテーマは
シャンパーニュと楽しむチーズのパーティフード」でした。

今年最後のチーズ教室にふさわしく、シャンパーニュで乾杯!
ヴーヴ・クリコのロゼをご用意しました。

a0318644_10443227.png

言わずと知れたシャンパーニュ地方はランスの老舗メゾン。
若くして夫を亡くした未亡人(ヴーヴ)であるマダム・クリコが一念発起し、
シャンパーニュの発展に大きな足跡を残したシャンパーニュメーカーです。

a0318644_10432389.png
a0318644_10435929.png

輝かしいサーモンピンクが愛らしいヴーヴ・クリコ・ロゼは
今回のチーズを使ったパーティフードにも合わせやすく、
シュワシュワとした泡の感覚とチーズの香りや味わい、喉ごしとも相まって
マリアージュ効果を生み出してくれます。

a0318644_10434463.png

また、今回はパーティフードの材料として
スモークサーモンやローストビーフなど
いつもより少しボリュームのある食材をご用意しておりましたので
「Fourme d'Ambertとリンゴ、アンディーヴのサラダ」で
さっぱりお口直しして頂きました。

a0318644_10425813.jpg
a0318644_10442123.png
a0318644_10431139.png

今年最後のチーズ教室を無事に終える事が出来て、
今はホッと安堵に包まれております。

いつもチーズ教室が始まる前までは、
どんなに準備をしても不安や緊張感に包まれることもありますが
参加して下さる皆様の
「美味しい!」や「楽しい!」という言葉、
そして笑顔を見ると本当に嬉しく幸せな気持ちになります。

皆様の貴重な時間を頂いているので、
いつも時間内に全て終わらせることも心ががけておりますが、
伝えたい事が多くて、つい話しすぎてしまうことも・・・。

a0318644_10422885.png

こんな風に熱心にメモを取ってくださるのも大変有り難いことですし、
静かに耳を傾けながら教室を楽しみ、
「また次回も参加します!」と言ってお帰りになると
本当に感謝の気持ちで一杯になります。

a0318644_10461846.png

2018年も多くの皆様にご参加頂きまして誠にありがとうございました。
また来年も、皆様にとって良い一年となりますように・・。





にほんブログ村
[PR]
# by fromage-osho | 2018-12-05 10:47 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

11月のチーズ教室のチーズ

なんとか無事に画像も取り込めたので(汗)、
11月のチーズ教室のチーズをご紹介します☆

11月のチーズ教室のテーマは
シャンパーニュと共に楽しむチーズのパーティフード」でした!

まずはすらりと高いピラミッド型のシェーブルチーズ
Pouligny-Saint-Pierre」。

a0318644_11182160.png

生産指定区域が狭い為、他のシェーブルに比べて生産量の少ないチーズです。
真っ白な表皮に特徴のあるカタチ。

a0318644_11174214.png

4~6週間ほど熟成したものは、酸味とミルクのコクとのバランスが良く、
濃厚な味わいが口に広がります。

a0318644_11180980.png

今回はジャガイモのガレットの上にのせ、スモークサーモンと共に
カナッペ風にアレンジして頂きました。

a0318644_11321893.png

a0318644_11172311.png

「シェーブルは苦手ですが、これは美味しく感じる。」
「ジャガイモのガレットのカリカリした食感とチーズが合う!」
などの感想を頂きました。

続いて、パーティには欠かせないハレの日のチーズ「Brie de Meaux」。

a0318644_11212624.png

姿も味も香りもバランスが取れた洗練されたチーズ。
「チーズで出来たお菓子」とも賞されています。

a0318644_11223321.png

そのままでも十分に美味しく、品のあるチーズですが、
今回はSourbread Crisp Breadをベースにして、
パルマハムやリンゴのスライス、ルッコラやブドウなども使って
チーズのクリスマスリースを作って頂きました。

a0318644_11195811.png
a0318644_11194239.png
a0318644_11220382.png
a0318644_11210788.png
a0318644_11205088.png
「センスが問われるけど楽しいかも~!」
「Brieのコクとリンゴの酸味がすごく合う。」
など、皆様楽しく盛り上がりながら仕上げていらっしゃいました。

次はスイスのセミハードチーズ「Tete de Moine」。

a0318644_11235030.png

表面を塩水で洗いながら熟成させるので、表皮の香りはやや強めですが、
ジロールという専用の削り機を使うと花びらの様に薄ーく削れるので
フワフワとした食感とチーズのコク、十分な余韻を楽しめるチーズです。

a0318644_11241517.png

今回もGold LavelのReserveをご用意。
4ヶ月以上熟成させたTete de Moineは
さらに深い味わいとコクが楽しめます。

a0318644_11242798.png

今回はチーズのフリルに合わせて、フリルレタスをご用意。
レタスをローストビーフで巻き、
フワフワに削ったチーズをトッピングしてブーケの様に!
ローストビーフに添えたオニオンジャムが味わいのアクセントです。

a0318644_11240573.png
a0318644_11251062.png

「チーズにコクがあるのでお肉に合う。」
「このオニオンジャムがいい味出してる!買って帰りたい!」
など色々な感想をお聞き出来ました。

ここからはグッと味わいが濃くなり、デザートに近づいていきます!
まずは「高貴なブルーチーズ」と評価の高い「Fourme d'Ambert」。

a0318644_11262347.png

ブルーチーズの中では
ブルーの部分の刺激も少なめでミルクの甘みとのバランスが良く、
そのままでも、お料理やお菓子の材料にも広く使えるブルーチーズ。

a0318644_11260748.png

今回は真ん中をくりぬき、そこにフィグとクルミのベーストを入れて
アレンジしたFourme d'Ambertの上に
クリスマスケーキをイメージしてチェリーのキルシュ漬けをトッピング☆

このチェリーのキルシュ漬けは
The Providoreのパティシエが自ら仕込んだオリジナル。
普段は細かく刻んで生クリームと合わせ、ケーキに使うそうですが、
この美味しさに惚れ込んだ私がリクエストして
チーズとのコラボが実現しました☆

a0318644_11342212.png

ブルーチーズとの相性も良く、
見た目も華やかなスペシャルチーズとなりました。

最後はチーズのデザート「Brillat Savarin au Papaya」。
フレッシュタイプのBrillat Savarinの周りにパパイヤがまぶしてある、
見た目にもデザートらしい華やかなチーズです。

a0318644_11182160.png

真っ白なチーズケーキの様な生地に鮮やかなパパイヤ。
リッチで濃厚なミルクの味わいにほんのり甘いパパイヤがマッチして、
「もうチーズケーキは作らない!」
と言わせてしまうほどの味わいです。

a0318644_11273146.png

The Providoreのパン職人さんに特別にお願いして、
毎朝焼きたてのパイを用意してもらいました。

a0318644_11282745.png

サックサクのパイにBrillat Savarin au Papayaをサンドして・・・。
これは文句なしの美味しさです♥

a0318644_11275178.png
今回は比較的手に入りやすく、ベーシックなチーズを選び、
そこからクリスマスなどのパーティアレンジを考えご提案しました。

特にシャンパーニュなどのスパークリングワインに合わせるには、
カリカリとした食感やシュワシュワとした喉ごしをチーズにプラスすると
相性が良くなります。

a0318644_11551202.png

お菓子作りに自信のある方はシュー生地を焼いてチーズに合わせても良いし、
リンゴやブドウを生のフィグやドライトマト・バジルに換えてもGood!
今回のチーズ教室をヒントに
皆様のオリジナルのチーズアレンジでお客様をもてなして、
素敵なパーティシーズンを楽しんで頂ければ、大変嬉しいです!

今回も沢山の皆様にご参加頂きまして本当にありがとうございました!

次回のブログでは、今回のチーズを使ったお料理やワインについて
ご紹介します☆






にほんブログ村
[PR]
# by fromage-osho | 2018-12-04 11:55 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

11月のチーズ教室が無事に終了しました!

先週、11月のチーズ教室が全日程無事に終了いたしました。

今年最後となる11月のチーズ教室のテーマは
シャンパーニュに合わせて楽しむチーズのパーティフード」でした!

a0318644_11302099.png

今回も本当に多くの皆様にご参加頂きまして誠にありがとうございました!

a0318644_11300487.png

チーズ教室の内容をブログにUPしたいところですが、
なんだかデジカメとパソコンの調子が悪く?撮った画像を送れない状態です。
こんな時、アナログ人間な自分が情けなく・・・・涙。
かろうじて携帯で撮った写真2枚のみ・・。

まずは、ご参加頂きました皆様にお礼を申し上げいと思い、
この様な内容のブログをなりましたが、
写真のアップロードができ次第、UPして行きたいと思います!

本当にありがとうございました!



にほんブログ村
[PR]
# by fromage-osho | 2018-12-03 11:33 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

11月のチーズ教室のお知らせ

11月のチーズ教室の日程が決まりましたのでお知らせいたします。

2018年最後のチーズ教室となります今月のテーマは
シャンパンに合わせて楽しむチーズのパーティフード」です。

a0318644_18473671.png


☆日時☆

11月28日(水) 10:30-12:30  満席になりました
  29日(木) 10:30-12:30  満席になりました
  30日(金)  10:30-12:30  残席わずかです


☆レッスンの場所☆

”The Providore Downtown Gallery"
6 Shenton Way Singapore 068809, Tower 2 - Basement 1


☆レッスン費☆

おひとり様  90ドル
(グラスシャンパンまたはソフトドリンク、サラダ、パン付きです。)


☆クラス特典☆

レッスン当日、クラスにご参加頂いた方にはチーズをはじめ
The Providoreの商品(一部を除く)を10%割引きでお買い求め頂けます。



☆持ち物☆

筆記用具・カメラなど


☆お申込み☆

ご予約、詳細は下記のサイトからご確認下さい。


a0318644_18472521.png

a0318644_18470604.jpg

クリスマスや年末年始も近づき、
家族やお友達と集う機会も多くなってくるこの時期に、
おもてなしや持ち寄りパーティなどにも役立つ
チーズのパーティフードのご提案を致します。

そのまま持っていっても喜ばれるチーズですが、
今年はちょっと一工夫して、さらにパーティを盛り上げましょう!

今年最後にふさわしく、シャンパンをご用意いたします☆

今回も多くの皆様にご参加頂けますことを願っております。
どうぞよろしくお願い致します☆



にほんブログ村
[PR]
# by fromage-osho | 2018-11-11 10:28 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

10月のチーズ教室のお料理とワイン

10月のチーズ教室のテーマは
フランスとスイスの山のチーズを楽しむ」でした。

a0318644_18182901.png

毎回、「チーズのちょこっと話」と称して
チーズの説明に入る前に、チーズにまつわる様々なお話をしております。
ちなみに今回のお話は「山のチーズ」とは。

夏になると、アルプスなどの山々に牛などの家畜を放牧させ、
咲き誇る花々やハーブなど栄養価の高い草花をおなか一杯に食た牛から
朝夕ミルクを絞り、山小屋でチーズを作る「アルパージュ」のお話をしました。

同じチーズでも、「アルパージュもの」とそうでないものとの味わいの差は歴然!
ちょうど、チーズ教室が始める一週間前にヨーロッパ旅行から帰ってきたので
パリのフロマジェリーでみつけた
アルパージュのチーズ」を皆様に試食して頂きました。

a0318644_18173105.png

「同じチーズとは思えない!」
「アルパージュで作られたチーズは奥深い味わい・・。」
など、比べてみると味わいの違いを実感して頂けたようでした。

そして、今回お出ししたワインは
フランスはコート・デュ・ローヌ地方の白ワイン「Adele」。

a0318644_18185972.png

主に南フランスなどで栽培されている
クレレット・ブランシュという白ブドウで作られていて、
酸味はおだやかながらすっきりとした後味、
洋なしやアプリコットなどのフルーティな香りと味わいのなかに
白いお花の様なデリケートな香りも感じる辛口の白ワインです。

a0318644_18262449.png

a0318644_18191865.png

山のチーズは白ワインと相性が良いチーズが多いので、
このワインを選びました。
チーズフォンデュとの相性もGood!

今回のチーズを使ったお料理は
ご紹介したブルーチーズ「Blue de Gex」を溶かし込んだ
オリジナル「チーズフォンデュ」をお楽しみ頂きました!

a0318644_18202742.png
a0318644_18204828.png
蒸したジャガイモに野菜スティック、クルミパンを添えて・・。
お一人様チーズフォンデュというのも嬉しく、
皆様思い思いに楽しんでいらっしゃいました。

「この一人分の量がちょうど良い!」
「一人分だから二度付けも出来て気兼ねなく楽しめる!」
「ブルーチーズの味が強すぎずワインが進みそう~♥」
などの感想をいただきました。

a0318644_18213189.png

この可愛いフォンデュ鍋もThe Providoreでお買い求め頂けますので、
教室の後に早速購入された方も多かったです。

a0318644_18220098.png

今回のテーマである「山のチーズ」を、
召し上がって頂くことによってその味わいの奥深さ、
旨みの強さ、そして気取らない美味しさを実感して頂けたなら嬉しいです!

今回も多くの皆様にご参加いただきましたことを心より感謝致しております。
ありがとうございました!

いよいよ11月に入り、
今年最後となる次回のチーズ教室も次のブログにてお知らせしたいと思います☆




にほんブログ村
[PR]
# by fromage-osho | 2018-11-10 18:26 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)