3月のチーズ教室のチーズ


今月のチーズ教室のテーマは「Let's Try! 初めてのチーズ」でした。

The Providore新入荷のチーズを中心に、
おそらく皆様が今までに食べたことのないチーズを6種類紹介しました。

はじめはドイツのフレッシュチーズ、「Quark」。

a0318644_15443865.png

そのままパンに塗り、
ジャムやハチミツをかけて毎朝の様に食べるのはもちろん、
お菓子やお料理にも使われることの多い、クリーミーなチーズです。

今回は、脂肪分の違う2種類のQuarkを味わっていただきました。
酸味があって、固めのGreek Yoghourtの様なMagerQuarkから。

a0318644_15463108.png

バケットに塗ってドイツのシロップGoldsaftをかけて・・。

a0318644_15473162.png

爽やかな酸味が、Lotus ビスケットにも合います!

次はイタリアから「Bufflonne Blanche」をご紹介。
水牛のミルクでつくる白カビチーズです。

a0318644_15482399.png

水牛乳ならではのミルクの甘みと上品なコク。
クリーミーでマイルドな味わいです。

a0318644_15484664.png

イタリアならではのバジルとドライトマトと共に・・。
この組み合わせは特に皆様に気に入って頂けました。

続いてフランスはブルゴーニュ地方でつくられるチーズ「Delice de Pommard」。
あのワインで有名な
ボーヌ地区にある人気のチーズ屋さんのオリジナルチーズです。

a0318644_15441307.png

このチーズは、「カシスの芽」を細かく刻んでチーズに混ぜ込んでいます。
青々しい香りが漂う、個性派チーズです。

a0318644_15492540.png

このチーズは口の中で溶けるほどの柔らかさ。
まるで甘くなく冷たくもないアイスクリームの様。

a0318644_15495392.png

「日本の木の芽の様な香りがします!」
「ハーブの様なすがすがしい感じもある!」
などと、色々な感想を頂きました。

カシスのジャムと共に、大人のデザート風に・・。

ここからグッと味わいが濃くなっていきます。
まずはオランダのチーズ「Remeker」。

a0318644_15435723.png

ジャージー種の牛乳から作られるハードタイプのチーズです。

餌の影響が出やすいと言われるジャージー牛。
この牧場ではクローバーやハーブなどの牧草を食べた牛のミルを使い、
オーガニックの凝乳酵素を用いてチーズを作っています。

a0318644_15505957.png

熟成からなるアミノ酸の結晶がジャリジャリ感じられて旨みが強い!
バランスが良く、大地の香りがする食べやすいハードチーズでした。

次はイタリアの「Barricato al Pepe」というチーズをご紹介。
チーズを4ヶ月熟成させた後、ブラックペッパーで周りをコーティングし、
さらに8ヶ月間、樽(Barrel)のなかに入れて熟成させた
リッチなチーズです。

a0318644_15440570.png

チーズのコクと胡椒のアクセントのバランスが絶妙で、
複雑味のある味わい。

a0318644_15521379.png

ピスタチオの入ったハムと共に・・・。
赤ワインがグイグイ進んでしまいそうな余韻の残るチーズです。

最後に「Regal du Brasseur」というウォッシュタイプのチーズをご紹介。

a0318644_15524905.png

牛乳でできたチーズを、
アルザス地方の黒ビール「Lincome Black」で洗いながら熟成させます。

a0318644_15531225.png

強烈な香りとテカテカとした表面。
でもチーズの中身は柔らかくてクリーミー。

香りが強いけれど意外と食べやすいチーズです。
ドライフィグと共に・・・。

a0318644_15534429.png

「色々なチーズが試食出来て楽しかったです!」
「6種類のチーズのバランスが良くて、全体的に楽しめました。」
「やっぱりチーズは食べてみないと分かりませんね!」

など、色々なご意見や感想を聞くことができました。

a0318644_16040370.png

今までに食べたことのないチーズをいきなり買うのは、少し勇気が要るという方も、
好奇心をもって色んなチーズに挑戦しているという方も、
食べ合わせるものや飲み物によってもがらりと味わいの印象が変わります。

今回はあまり馴染みのない個性派のチーズを様々な食材と共に
試食して頂きました。
皆様にも、驚きや新しい発見があったのではないでしょうか?

2時間のチーズ教室が、皆様にとって楽しい時間であったならば、
私は大変嬉しく思います。
本当にありがとうございました!

次回のブログでは、今回お出ししたワインやお料理についてご紹介します☆







[PR]
# by fromage-osho | 2018-03-16 16:05 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

3月のチーズ教室、無事に終了しました

先週、3月のチーズ教室が全日程無事に終了致しました!

今月のテーマは「Let's Try 初めてのチーズ」でした。

a0318644_13190097.png
a0318644_13182681.png

The Providore Downtown Galleryがオープンし、
約半年が経ちました。
シンガポール島内最大のウォークイン・チーズルームには、
いままでのラインアップに加え、新入荷のチーズも沢山並びました。

今回はその中でも、皆様がきっと「初めて食べる」チーズを6種類選び、
皆様に試食して頂きました。

a0318644_13195778.png

今回のテーマに沿ってチーズを選ぶ時、
私にとっても初めてのチーズが殆どで、どれを紹介しようか悩みました。
考え抜いて選んだチーズが、フランスの大雪の影響で届かなかったり・・・
なんていうハプニングもありつつ・・・・。

a0318644_13180887.png

新しいチーズを食べる時の興味・想像・喜び(または驚き?)が
何度も体験出来て、私にとっても実のある教室となりました。

a0318644_13191408.png

今回も多くの方々にご参加頂きまして誠にありがとうございました!

次回のブログでは、今回のチーズについてご紹介いたします☆


[PR]
# by fromage-osho | 2018-03-15 19:22 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

3月のチーズ教室のお知らせ

3月のチーズ教室の日程が決まりましたのでお知らせいたします。

次回のテーマは「Let's Try!初めてのチーズ」です。

a0318644_10323369.png

The Providore Downtown Galleryがオープンし、
大きなチーズルームには新しく入荷されたチーズも沢山あります。
「買おうかどうしようか・・」と迷ったものの、
結局いつものチーズに手が伸びてしまうという方に、
新しい発見があるかもしれません。
色々なチーズを試してみて、
チーズのレパートリーを増やしていきましょう!


☆日時☆

3月 6 日 (火) 10:30-12:30   残席わずかです
  7日(水) 10:30-12:30  残席わずかです
  8日(木) 10:30-12:30  残席わずかです
   9日(金) 10:30-12:30 満席になりました 

☆レッスンの場所☆

”The Providore Downtown Gallery"
6 Shenton Way Singapore 068809, Tower 2 - Basement 1


☆レッスン費☆

おひとり様  90ドル
(グラスワインまたはソフトドリンク、サラダ、パン付きです。)


☆クラス特典☆

レッスン当日、クラスにご参加頂いた方にはチーズをはじめ
The Providoreの商品(一部を除く)を10%割引きでお買い求め頂けます。


☆持ち物☆

筆記用具・カメラなど


☆お申込み☆

ご予約、詳細は下記のサイトからご確認下さい。


a0318644_10320588.png

チーズ教室にご参加頂く方は、もちろんチーズが大好きな方ばかり。
それでも、「いつも同じチーズばかり買ってしまいます・・」
なんて声も聞くことが多々あります。

今回の初入荷のチーズは、実は私も初めて食べるものが多く、
見た目だけでは分からない味わいや香りなど、
それぞれのチーズの個性に驚かされてばかりです!

初めて食べるチーズを、少しずつ比べながら味わい、
相性の良い食材や飲み物を探っていけるのも
チーズ教室ならではの楽しみだと思います。

今回も沢山の方にご参加頂けますことを心より願っております。
どうぞよろしくお願いいたします!




にほんブログ村

[PR]
# by fromage-osho | 2018-02-06 10:46 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

1月のチーズ教室のワインとお料理


1月のチーズ教室のテーマは「ユニークな形のチーズを楽しむ」でした。

今月のチーズを使ったお料理は、ユニークな形のチーズの中から
Queso Tetilla」というスペインはガリシア地方の
フレッシュチーズを選びました。

むっちりもっちりとした食感とミルキーな味わい。
火を入れるとトロリと溶け、良く伸びるのも特徴です。

今回はそのチーズを使った「ミニチーズバーガー」を!

a0318644_13473073.png
a0318644_13481494.png

熱々のところにナイフを入れるとビヨーンと伸びて・・・。
チーズ自体の味わいが強すぎないので、
厚く切ってハンバークの上に乗せ、天火で焼くと出来上がり!

a0318644_13485337.png

また、今回のチーズに合わせたワインは
イタリア・ピエモンテのBarbera d'Asti「Castello di Gablano」。
プラムやスミレの香りに、タンニンは控えめで酸味の爽やかな赤ワイン。

a0318644_13491822.png

「ワインの味わいが分からない時はジャケ買いをします!」
なんておっしゃっていた方にも好評だったエチケット。

a0318644_13495871.png

今回のチーズでは、
特に「Montebone」や「Caciocavallo」との相性が良かったと思います。

a0318644_13502400.png
a0318644_13510514.png
同じワインをお代わりされる方、
飲み終えて、最後にプロセッコで締める方、
白ワインが好きだから白ワインをオーダーされる方などなど・・。
ワインを楽しまれている方が多く、私まで楽しく陽気な気分になりました。

a0318644_13004129.png

今回も多くの皆様にご参加頂きまして誠にありがとうございました。

次回のチーズ教室は3月初旬を予定しております。
近日中に皆様にお知らせできるかと思います。
2018年もチーズ教室をどうぞよろしくお願いいたします!




[PR]
# by fromage-osho | 2018-02-01 09:46 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)

1月のチーズ教室のチーズ

今月のチーズ教室のテーマは「ユニークな形のチーズを楽しむ」でした。

今回のチーズ教室の為に特別に仕入れてもらったものや、
また日本から取り寄せたものも含め、7種類のチーズをご紹介しました。

まずは山羊乳でつくられたとってもフレッシュなチーズ「Rouelle」。

a0318644_12401805.png

ラベルで隠れておりますが、
このチーズは真ん中に穴の開いたドーナツ型をしています。

元小学校の教師であったご夫婦が試行錯誤の上で作り出したチーズです。
いまや数々の賞を何度も取る程の人気のチーズをなりました。

a0318644_12423627.png

とにかく柔らかくて、とってもフレッシュ!
今回はキュウリやトマト、そしてオリーブオイルと共に、爽やかに。

a0318644_12425393.png

次のチーズは「Queso Tetilla」。
牛乳で作る、スペインはガリシア地方のフレッシュチーズです。

a0318644_12404513.png

そのカタチから、
「尼さんのおっぱい」という相性でも知られるソフトなチーズ。
ホールの状態は、まるでキスチョコやスライムの様!

むっちりとしたお餅のような食感と、
ミルクの甘みを十分に感じるチーズ。
甘みと酸味のバランスが良く、
まるで発酵バターやミルクキャラメルの様な味わい!

a0318644_13162422.png

このままでも美味しいのですが、
今回はPink Grepefuruits Marmaladeと共に。
マーマレードのほろ苦い皮の部分との相性がとても良い!

続いて馬蹄形でお馴染みの「Baraka」。

a0318644_12410982.png

馬蹄形は幸運をもたらすシンボル。
それもあって、お祝いの席やパーティ、
またはお土産にされるこの多いチーズです。

a0318644_13154043.png

生クリームを添加してつくられているので、
とってもリッチでコクも十分!
濃厚なバターを様な味わいです。

a0318644_13152200.png
a0318644_13171971.png

お好みのジャムを付けると食後のデザートにもなります。
季節のフレッシュなフルーツとも相性が良いので、
今回は今が旬の「サンふじ」りんごと共に。
後味がさっぱりとして、お口のなかもスッキリします。

次のチーズから、味わいがより複雑になって参ります。
目を引くユニークな形のチーズ「Montebone」。
イタリアはピエモンテ産の歴史あるチーズです。

a0318644_12412691.png

ホールの状態は、まるでウェディングケーキ?鏡餅??
いずれにせよ、
やはりおめでたい席に花で周りを飾りテーブルを彩っていたチーズです。

a0318644_12591709.png


熟成が進み、やや固く締まってきた状態。
素朴だけど奥深い・・・古代を思わせるような複雑味のある味わいです。

a0318644_13023398.png

イタリア産のパルマハムと共に。
アペタイザーにしても美味しいチーズです。

お次もイタリア産のチーズ「Caciocavallo Podolico」。

a0318644_12420004.png

まるでオブジェの様な、木の箱に入ったひょうたん型のチーズ。
これも本物、もちろん食べられます。

a0318644_13031409.png

熟成が進み、水分が抜けて固く締まってきています。
切るのは力が要りますが、
噛めば噛むほどに旨みが感じられるチーズです。

a0318644_13182789.png

旨みのあるものには旨みを重ねて・・・。
今回はOnion Jamと焼き海苔と共に。

a0318644_13035279.png

「焼き海苔は意外でしたが、イケます!」
「たしかにチーズと海苔は相性がよいですね。」
などとおっしゃっていました。

ここでに日本から取り寄せた「Scamorza Maialino」をご紹介。
子豚のカタチをしたスカモルツァです。

a0318644_12414141.png

子豚は幸運のシンボルと言われ、現地ではお祭りの時などに
職人さんが一つ一つはさみで切って子豚ちゃんのかたちに仕上げます。
まるで縁日の飴細工のようですね!


a0318644_13043793.png
a0318644_13000773.png

人数分に切り分け、
軽く小麦粉をまぶしてオリーブオイルをひいたフライパンで焼きました。
スモークしてあるので香ばしく、
トロトロモチモチした食感と共に美味しく頂けます。
好みでジェノベーゼソースを添えてもGood!

最後はスイスのチーズ「Tete de Moine」を。
中央がやや膨らんだ円柱型をしたハードチーズです。

a0318644_12405638.png

専用の削り機「ジロール」でうすくうすーく花びらの様に削って頂きます。

a0318644_13012013.png

今回のチーズは4ヶ月以上熟成させた「Reserve」ですので、
濃厚な旨みが口いっぱいに広がります。

黒胡椒をガリガリ削って食べるとさらに美味しい!
ローストしたクルミなどのナッツも相性が良いです。

a0318644_13195947.png

7種類のチーズをご紹介するのは、時間的にもなかなか大変ではありますが、
色々なユニークな形をしたチーズを紹介したい気持ちでいっぱいでした。

まだまだ世の中には様々なチーズがありますが、
それぞれのタイプ別の様々な形のチーズをお楽しみ頂けたのなら
嬉しく思います。

ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました!
次回のブログでは、今回お出ししたチーズを使ったお料理、
そしてワインについてご紹介します☆






[PR]
# by fromage-osho | 2018-01-31 09:06 | チーズの教室 | Trackback | Comments(0)